コントローラー(パッド) 原神

原神のスマホ用コントローラーおすすめ10選【iPhone・Android・iPadなど】

更新日 :

スマホ版原神をもっと快適にプレイしたい!原神のスマホ用おすすめのコントローラーや選び方を知りたい!

今回はこんな疑問を解決していきます。

昨今eスポーツ業界で人気がある原神ですが、スマホ版原神を快適にプレイするためにはどのようなコントローラー(ゲームパッド)を選べば良いのでしょうか?

そこで本記事では原神のスマホ用コントローラーの選び方や原神のスマホ用コントローラーおすすめ10選、原神のスマホ用コントローラーを使うメリット・デメリットについてご紹介していきます。

原神のおすすめコントローラー9選【PC版の方必見!】

原神をもっと快適にプレイしたい!原神のおすすめのコントローラーや選び方を知りたい! 今回はこんな疑問を解決していきます。 昨今eスポーツ業界で人気がある原神ですが、原神を快適にプレイするためにはどのよ ...

続きを見る

目次

※各デバイスの最新の料金や商品の詳細については、各ECサイト・販売店・メーカーよりご確認ください。 ※当記事はゲーミングデバイス集めやApex Legends・VALORANTなどのFPSゲームのプレイ、マウスやキーボード等のガジェットの情報収集を趣味としている私が、私の経験・体験を元に執筆・編集・監修をしております。私の経歴や私の略歴は記事下部の著者情報をご確認ください。

原神のスマホ用コントローラーの選び方

原神には、PC版・PS4版・スマホ版が存在します。

スマホ版はいつでもどこでも手軽にプレイできるスタイルとして幅広い層に人気がありますが、細かな操作がしづらいと感じるかもしれません。

こまったときは外付けのスマホ用コントローラーを使い、スマホ版の利便性はそのままに、操作性を上げていきましょう

まずは原神で使うスマホ用コントローラーの選び方を解説します。

原神のスマホ用コントローラーの選び方

  • 原神公式がサポートしているか
  • ボタン配置や数で選ぶ
  • 取り付けタイプかゲームパッドタイプか

それでは順番に解説していきます。

選び方1. 原神公式がサポートしているか

原神公式がサポートしているコントローラーであれば、確実に原神との互換性があるので安心です。

具体的には以下のコントローラーが公式サポートされているデバイスです。

原神公式がサポートしているコントローラー

「購入したがいいが互換性がなくて使えなかった…」という落とし穴を防ぎたいときにおすすめです。

選び方2. ボタン配置や数で選ぶ

ボタンの配置や数をチェックし、自分好みに割り当てできるかシミュレーションしてみましょう。

使いやすい配置にボタンがあると、誤操作を防ぎスピーディーな入力が可能になります。

ボタンの数が多ければショートカット割り当ての選択肢が広がるので、複雑なコマンド入力もボタンひとつで完了できるようになるのがメリット。

反対に、サードパーティ製のコントローラーに慣れていないときはシンプルでわかりやすいボタン配置のコントローラーを選定し、グリップ感や重量を最重視してもよいでしょう。

選び方3. 取り付けタイプかゲームパッドタイプか

スマホ用コントローラーには、「取り付けタイプ」と「ゲームパッドタイプ」が存在します。

取り付けタイプはスマートフォン本体とコントローラーが一体化するため、ポータブルゲームのように使えるのがポイント。

手元にコントローラーも画面も持ってくることができ、手軽にプレイしたいときに最適です。

ゲームパッドタイプは、プレステやSwitchのコントローラーのようなタイプを有線(またはワイヤレス)でつないで使います。

ボタン数も多いので本格的な操作とスピーディーな入力をしたいときに使いやすく、操作ミスの予防にも役立ちます。

原神のスマホ用コントローラーおすすめ10選の比較表

ここでは、原神で使えるスマートフォン用コントローラーのおすすめ製品を紹介します。

原神のスマホ用コントローラーおすすめ10選の比較表

商品名Xbox ワイヤレス コントローラーXbox Elite ワイヤレス
コントローラー
ワイヤレスコントローラー
DUALSHOCK4
DualSense ワイヤレス
コントローラー
Sungale
Switchコントローラー
Trnvco ワイヤレス
コントローラー
ECHTPower Switch
コントローラー
FONLAM コントローラーBACKBONE One
モバイルコントローラー
FONLAM コントローラー
商品画像
価格(税込)5,973円18,509円6,577円9,097円2,999円3,144円2,999円2,999円19,800円2,999円
Amazon評価(4.3/5.0)(4.3/5.0)(4.4/5.0)(4.5/5.0)(4.3/5.0)(4.1/5.0)(4.2/5.0)(4.2/5.0)(4.1/5.0)(4.0/5.0)
ブランドMicrosoftMicrosoftSONYSONYSungaleTrnvcoECHTPowerFONLAMBACKBONEFONLAM
サイズ18.1 x 17.9 x 7.4 cm24.6 x 22.1 x 9.3 cm15.9 x 10.3 x 6.3 cm19.4 x 19.3 x 7.3 cm16 x 10 x 6 cm16.2 x 14 x 7.2 cm16.4 x 11.3 x 7 cm16.31 x 7.21 x 12.52 cm17 x 10 x 3 cm16.6 x 12 x 7 cm
重量470 g1.28 kg30 g430 g270 g195 g290 g290.3 g138 g300 g
カスタマイズ
・割り当て
不可不可不可不可
接続方法Bluetooth/USB-CBluetooth/USB-CBluetooth/USB-BBluetooth/USB-CBluetooth5.0Bluetooth・有線BluetoothBluetoothLightningBluetooth
購入サイト

それぞれ良し悪しや価格差・スペック差があるので、何よりも「自分にとっての使いやすさ」を第一にコントローラーを選びましょう。

原神のスマホ用コントローラーおすすめ10選

ここでは、原神で使えるスマホ用コントローラーのおすすめ製品について、ひとつずつ特徴を解説していきます。

自分にとって使いやすそうなコントローラーを選定し、スマートなプレイを体験してみましょう。

原神のスマホ用コントローラーおすすめ10選

それでは順番に解説していきます。

原神のおすすめのスマホ用コントローラー①Xbox ワイヤレス コントローラー

商品名Xbox ワイヤレス コントローラー
ブランドMicrosoft
サイズ18.1 x 17.9 x 7.4 cm
重量470 g
カスタマイズ・割り当て
価格(税込)(2024年6月時点)5,973円
Amazon評価(2024年6月時点)4.3/5.0

「Xbox ワイヤレス コントローラー」はXboxの純正コントローラーで、Microsoft社から公式に販売されています。

Xbox Series X、Xbox Series S、Xbox One、Windows PC、Android,、iOS などさまざまなデバイスにつなげることができ、ペアリング設定や切り替えも簡単です。

XboxワイヤレスとBluetoothテクノロジーが搭載されていて、ワイヤレスでも突然の遮断や通信遅延なくスムーズに使えます。

画面キャプチャや録画などのコンテンツを手軽に共有する「Shareボタン」も搭載しているので、SNSにプレイ動画をアップロードしたい人にもおすすめ。

USB-Cつきのパッケージプランにしたり、豊富なカラーバリエーションからお気に入りを選んだりできるのもメリット。

ケーブルをつなげば有線コントローラーとして使用することもでき、シーンを選ばない汎用性の高さが特徴です。

原神のおすすめのスマホ用コントローラー②Xbox Elite ワイヤレス コントローラー

商品名Xbox Elite ワイヤレス コントローラー
ブランドMicrosoft
サイズ24.6 x 22.1 x 9.3 cm
重量1.28 kg
カスタマイズ・割り当て
価格(税込)(2024年6月時点)18,509円
Amazon評価(2024年6月時点)4.3/5.0

「Xbox Elite ワイヤレス コントローラー」もXbox純正品コントローラーとしてMicrosoft社が販売しており、安心・安全に使えるのがメリットです。

約40時間連続使用可能なバッテリーを内蔵し、キャリングケースに収まるように設計された充電アダプターから充電することも可能。

ワイヤレスでも充電残量を気にする必要がなく、いざ充電するとなったときのアクセスも容易です。

旧モデルと比較し、反発力が調整可能なサムスティック、ラバー加工のグリップ、トリガーの反応角度を調節するヘアトリガーロックなど、便利に使えるコントローラー機能が多くなりました。

改良された部分は30箇所以上あるので、次世代向けワイヤレスコントローラーとしても注目されています。

コントローラー本体に3つの割り当て設定を記憶させ、ゲーム中でもすぐに状況に応じて変更できるので活用してみましょう。

原神のおすすめのスマホ用コントローラー③ワイヤレスコントローラー DUALSHOCK4

商品名ワイヤレスコントローラー DUALSHOCK4
ブランドSONY
サイズ15.9 x 10.3 x 6.3 cm
重量30 g
カスタマイズ・割り当て不可
価格(税込)(2024年6月時点)6,577円
Amazon評価(2024年6月時点)4.4/5.0

「ワイヤレスコントローラー DUALSHOCK4」はPlayStation4専用ワイヤレスコントローラーとして知られていますが、スマートフォンと連携して使うことも可能です。

PS4とのUSBケーブル通信だけでなくBluetooth通信にも対応していて、有線コントローラーとしても無線コントローラーとしても使えるのがポイント。

コントローラーの充電にもUSB端子を利用し、PS4本体・専用充電機・スマートフォンやタブレットなど、さまざまな機器に対応しています。

本体前面のライトバーが発する光をタッチパッド上でも一筋のラインとして表示し、キャラクターの識別や体力状況などをひと目で認識できるのでゲームの楽しさも向上するでしょう。

ホールド感や感度を追及したDUALSHOCK 4のトリガーボタンが特徴的なデザインで、「間違いのない」確実なコントローラーが欲しい人におすすめです。

高感度6軸検出システムを使えば傾きを検知しながらのプレイにも使えるなど、便利な機能も搭載されています。

原神のおすすめのスマホ用コントローラー④DualSense ワイヤレスコントローラー

商品名DualSense ワイヤレスコントローラー
ブランドSONY
サイズ19.4 x 19.3 x 7.3 cm
重量430 g
カスタマイズ・割り当て不可
価格(税込)(2024年6月時点)9,097円
Amazon評価(2024年6月時点)4.5/5.0

「DualSense ワイヤレスコントローラー」は、USB Type-CケーブルやBluetoothテクノロジーで接続し、Windows PC・Mac・Android・iOSのスマートフォンなど多くのデバイスと簡単に連携できます。

ハプティックフィードバックやアダティブトリガーなどの革新的機能が搭載されているモデルなので使い勝手が良く、細かな操作にも最適です。

没入感をもたらすハプティックフィードバックなので、ゲーム内のアクションや環境がリアルに伝わるのもポイント。

指先ひとつでさまざまな強さや張力を体感できるなど、触覚から没入感を支える工夫が凝らされています。

マイク内蔵型のコントローラーなので、ゲームをプレイしながらのボイスチャットにも対応しているのが特徴です。

3.5mm端子で直接ヘッドセットを接続したり、専用のミュートボタンで音声入力のオンオフを切り替えたりもできるので、シーンに合わせて活用していきましょう。

原神のおすすめのスマホ用コントローラー⑤Sungale Switchコントローラー 2024アップグレード

商品名Sungale Switchコントローラー 2024アップグレード
ブランドSungale
サイズ16 x 10 x 6 cm
重量270 g
カスタマイズ・割り当て
価格(税込)(2024年6月時点)2,999円
Amazon評価(2024年6月時点)4.3/5.0

「Sungale Switchコントローラー 2024アップグレード」はもともとSwitch用に開発されたコントローラーですが、スマートフォンと接続することも可能です。

MFI認証のスマートフォンゲームに対応しているので、原神であれば問題なく遊べるのもポイント。

左右のボタンがシンメトリー配置になっているので直感的な操作がしやすく、コントローラーに慣れるまでの時間を短縮できるのがメリットです。

マクロ編集機能、2つの背面ボタン、3段階Turbo連射速度、4段階HD振動、Bluetooth5.0接続、6軸ジャイロセンサー、スクリーンショット、自動連射機能など、多機能性にも優れています。

コントローラーの後ろにプログラミング編集機能ボタンが搭載されており、Macroボタンと同時に押すことによってプログラミングモードに入ります。

ひとつのプログラムに最大16個のキー入力ができるため、一連のキー操作をひとつのボタンに割り当てるなど操作の効率化を目指して使ってみましょう。

原神のおすすめのスマホ用コントローラー⑥Trnvco ワイヤレスコントローラー

商品名Trnvco ワイヤレスコントローラー
ブランドTrnvco
サイズ16.2 x 14 x 7.2 cm
重量195 g
カスタマイズ・割り当て
価格(税込)(2024年6月時点)3,144円
Amazon評価(2024年6月時点)4.1/5.0

「Trnvco ワイヤレスコントローラー」は、switch有機ELモデル・switch・switch Lite・iOS・Android・PCなど多種機種対応型のワイヤレスコントローラーです。

COD、FORTNITE、マイクラなど有名ゲームタイトルの認定を受けているコントローラーなので使いやすく、MFI認証のあるタイトルであればどんなものでも使えます。

左スティックと十字キー、AとB、XとYの配置を入れ替えることもでき、Xbox準拠の設定できるなどアレンジ可能なのもポイント。

コントローラーにぴったりとフィットするスマートフォンホルダーがあり、コントローラーにスマートフォンを装着させてそのままゲーム機としても使えます。

ゲーム中に安定感のある操作性を追及でき、スマートフォンの角度や位置を気にしながらプレイする必要がなくなるでしょう。

ボタンを1回押すだけで自動的に複数の連続する操作を発動するなど、自分なりのカスタマイズを楽しむこともできます。

コントローラー本体にも低電圧警告機能があり、残充電量が少ないと指示ランプが点滅するので目安のひとつとして活用可能です。

原神のおすすめのスマホ用コントローラー⑦ECHTPower Switch コントローラーワイヤレス

商品名ECHTPower Switch コントローラーワイヤレス
ブランドECHTPower
サイズ16.4 x 11.3 x 7 cm
重量290 g
カスタマイズ・割り当て
価格(税込)(2024年6月時点)2,999円
Amazon評価(2024年6月時点)4.2/5.0

「ECHTPower Switch コントローラーワイヤレス」は600mAhバッテリーを内蔵したパワフルなコントローラーで、2時間の充電で約10時間使用できるのが特徴です。

ケーブルを気にせず使いたい時には無線を、使用時間を気にせず使いたい時には有線にすることができるなど、フレキシブルに使えるのもメリット。

コントローラー背面にTURBOボタンがあり、連射機能を設置することでボタンを連打することなく同じアクションができるようになりました。

長時間ゲームする時の疲労感を軽減しやすく、連射速度も3段階に微調整できるので便利です。

レッド、オレンジ、グリーン、シアン、ブルー、パープル、ピンク、レインボーの9色のLEDライトを搭載し、見た目のきれいさにもこだわりました。

自分の好みに合わせてLED色を切り替え、ゲームプレイ時の雰囲気を盛り上げてみましょう。

ゲーム種類に合わせて自分の気に入りの振動パターンを選択するなど追加のカスタマイズもすれば、ゲームタイトルならではの世界観を更に楽しめます。

原神のおすすめのスマホ用コントローラー⑧FONLAM Switch対応 コントローラー

商品名FONLAM Switch対応 コントローラー
ブランドFONLAM
サイズ16.31 x 7.21 x 12.52 cm
重量290.3 g
カスタマイズ・割り当て不可
価格(税込)(2024年6月時点)2,999円
Amazon評価(2024年6月時点)4.2/5.0

「FONLAM Switch対応 コントローラー」は、MFi認証のあるゲームに限りスマートフォンとも接続できるコントローラーです。

iOSはiOS13以前やAndroid11には互換性が悪い可能性があるので、バージョンをアップデートしてから使いましょう。

Bluetoothで簡単に接続でき、最大10メートルのワイヤレス範囲を誇るのも特徴。

煩わしいコードから解放される他、微操作サポート・傾きの検知・二重振動・連射ボタン・加速度や重力感の検知など、さまざまな機能を搭載しても安定した稼働を見せてくれます。

高感度6軸検出システムが使えるので、コントローラーの傾きや動きを検知したいシーンにもおすすめ

振る、傾けるなどの操作でゲームや文字入力ができ、面倒な入力作業を短縮します。

満充電すると12時間から15時間程度連続で使用できるのでプレイ中のこまめな充電もいらず、ストレスフリーに使えます。

原神のおすすめのスマホ用コントローラー⑨BACKBONE One モバイルゲームコントローラー

商品名BACKBONE One モバイルゲームコントローラー
ブランドBACKBONE
サイズ17 x 10 x 3 cm
重量138 g
カスタマイズ・割り当て不可
価格(税込)(2024年6月時点)19,800円
Amazon評価(2024年6月時点)4.1/5.0

「BACKBONE One モバイルゲームコントローラー」はスマートフォン専用のモバイル型コントローラーで、コントローラーの右部分と左部分との間にスマートフォンを装着して使えます。

Switchの携帯版のようなポータブルゲーム機さながらに使うことができ、立った状態でのプレイなど時間・場所・シーンを選ばないのがメリット。

Xbox Game Pass、Apple Arcade、GeForce NOWなどのクラウドゲームサービスを介してストリーミングするなど、配信にも最適な機能が搭載されています。

ただし、対応しているのはiPhoneのみと限定されているため、Androidユーザーは要注意。

ライトニングコネクタを持つすべてのiPhoneと互換性がありますが、iPhone14以前で使いたいときの互換性がないので併せてチェックしておきましょう。

「BACKBONE+ TRIAL INCLUDED」では、専用の特典やBackboneアプリにアクセスし、フレンドとのコミュニケーションや画面の記録・スクショなどを記録できます

原神のおすすめのスマホ用コントローラー⑩FONLAM Switch対応 コントローラー

商品名FONLAM Switch対応 コントローラー
ブランドFONLAM
サイズ16.6 x 12 x 7 cm
重量300 g
カスタマイズ・割り当て
価格(税込)(2024年6月時点)2,999円
Amazon評価(2024年6月時点)4.0/5.0

「FONLAM Switch対応 コントローラー」は、押し感が良い背面ボタン2つを搭載したオリジナルデザインのコントローラーです。

ワンボタンで複雑な操作を再現できるためストレスフリーに使いやすく、ゲームのスコアアップや貪欲な勝負にも便利。

24個のボタンで連続操作など自由な設定ができるので、オリジナルのボタン操作にするなど自分にとっての使いやすさを第一に考えられます。

使用しない場合はスイッチをOFFに設定して、誤操作を予防しましょう。

持ち部分はABS材料を採用しており、グリップ感が強く長時間プレイ中でも手汗による滑りを感じなくて済むのがメリットです。

人間工学に基づいた持ちやすい設計や、手のサイズ・指の長さを問わない汎用性のあるコントローラーにしたいとき検討するのがおすすめ。

スマホゲームにはボタン設定が違うところが多いため、左スティックと十字キー、XとY、AとBの機能交換機能を使うなど設定を進めましょう。

原神のスマホ用コントローラーを使うメリット・デメリット

ここでは、原神でスマホ用コントローラーを使うメリット・デメリットを解説します。

もちろんスマートフォンひとつだけでもプレイできるタイトルなので、どちらの方が使いやすそうかイメージしてみましょう。

原神のスマホ用コントローラーを使うメリット

原神でスマホ用コントローラーを使うメリットは、操作精度の向上にあります。

スマホのタッチスクリーンは便利ですが、一部のゲームでは細かい操作が難しいかもしれません。

細かな操作をしようにもミスタップが増えてしまったり、意図しない動きをしたりするケースも多いです。

また、プレイ中に着信や通知が入ってタップしてしまうなど、思わぬ落とし穴があるかもしれません。

通知はスマートフォン側の設定で切ることができますが、誤操作だけはコントローラーなど外部デバイスを使って抑制するのがベストです。

コントローラーを使うことで、スマホゲームだけでなくエミュレーターを使ったゲームをプレイできるのもポイント。

スマホの画面をタッチすることで手が疲れることも防げるので、一石二鳥の効果が期待できます。

原神のスマホ用コントローラーを使うデメリット

原神でスマホ用コントローラーを使うデメリットは、持ち運びの不便さにあります。

スマートフォンひとつであればポケットに入るサイズなので、いつでもどこでも持ち運んで使えるのがメリット。

しかしコントローラーも持ち運ぶとなると鞄が必要であり、公共交通機関の車内やカフェでプレイするハードルも高くなります。

スマートフォンと直接装着できるコントローラーもありますが、それでもサイズ感はどうしても大きくなってしまう点に注意しましょう。

その他、スマートフォンのバージョンとコントローラーとの間に互換性があるか、必要以上に高額でコストを圧迫しないかなど、他の面での配慮も欠かせません。

原神のスマホ用コントローラーの設定方法

ここでは、原神でスマホ用コントローラーを使うときの設定方法を解説します。

iPhone・iPad・Androidでそれぞれ異なるので、自分の使用デバイスに合わせて以下をご参考ください。

iPhoneの設定方法

iPhoneの場合、ほとんどのコントローラーでBluetooth設定を使います。

まずスマートフォンでBluetoothをオンにし、コントローラーの電源もオンにしてペアリング設定をしておきましょう。

有線コントローラーを接続する場合、ライトニングケーブルで直接接続できるコントローラーは稀なので、基本的に変換アダプターを使うことになります。

コントローラー設定後は、パイモンメニューにある歯車のようなマークからオプション画面を開いて自分用の感度を設定することも可能です。

キーコンフィグの設定も同時にできるので、使いやすいよう設定を進めましょう。

iPadの設定方法

iPadの場合も、Bluetoothでペアリング設定をしてコントローラーに接続します。

USB接続に対応しているiPadであれば直接有線でコントローラーを接続することもできますが、ケーブルの長さ次第では却って不便な可能性があるので要注意。

iPad本体とコントローラーとの距離感を近くしなくてはならず、持ち運びや移動のときに邪魔になるかもしれません。

接続できたら操作欄のデバイスを「コントローラー」に変更し、細かな感度設定を進めます。

Androidの設定方法

ソニーストアとコラボレーションしている「原神」は、マルチプラットフォームに対応していますが、Androidのみコントローラーでの操作ができません。

タッチ操作をキーマッピングして疑似的なコントローラーとして使うことはできますが、iPhoneやiPadなど純正対応しているデバイスと比較するとどうしてもやりづらさが目立ちます。

Android端末でコントローラーを使いたい場合、GeForceNOW版の使用が唯一の選択肢となるので注意しましょう。

GeForceNOW版はタッチ操作をコントローラーの物理ボタンに割り当てるマッピングアプリであり、自分オリジナルの設定ができるのがメリット。

とはいえ原神公式が推奨している方法ではなく、「問題なく動かせるか」「動かせたとしても正式対応とならないため自己責任」という点に注意です。

原神のスマホ用コントローラーに関するよくある質問

最後に、原神でスマホ用コントローラーを使う場合に関する「よくある質問」を紹介します。

より快適なプレイ環境にしたくてコントローラーを探している人は、ぜひご参考ください。

原神でPS4/PS5用コントローラーをスマホに接続できる?

PS4/PS5用コントローラーでも、対応品であればスマートフォンに接続できます。

ただし、コントローラーでゲームをプレイできるかどうかはMFI認証の有無により変わるので注意しましょう。

MFI認証とは、Apple社が他社製のアクセサリーとiPhone・iPhoneとの互換性を保証する認証精度です。

「純正品でなくても確実に使える」という証拠になるので、まずはMFI認証のあるコントローラーを探すのがポイント。

ほとんどのMFI認証品がBluetoothでの接続に対応している他、有線でも接続できるので自分の使いやすい方法で導入できます。

原神でSwitch用コントローラーをスマホに接続できる?

Switch用コントローラーも、スマートフォンに接続して原神をプレイできます。

同じくMFI認証のあるコントローラーであれば確実に接続できるので、ひとつの基準として活用しましょう。

普段から家にSwitch用コントローラーがある人、今後Switchとのシフト利用を検討している人におすすめです。

原神のスマホ用コントローラーが認識しないときの対処法は?

スマホ用コントローラーが認識されないときは、コントローラー側の電源がオンになっているか確認しましょう。

スマートフォン側のBluetoothをオンにして、かつコントローラー側の電源もオンになっているのであれば、楽にペアリング設定できます。

パイモンメニューにある歯車のようなマークからオプション画面を開き、操作欄のデバイスを「コントローラー」にするのも必須。

最初は「スマートフォン」や「キーボードとマウス」になっている可能性が高いので、併せてチェックしてみましょう。

原神でAndroid用コントローラーは使えない?対応予定はいつ?

原神とAndroid用コントローラーは正式に対応しておらず、自己責任でマッピングアプリを使うなど抜け道を活用するしかないのが現状です。

対応予定も公開されていないので、しばらく待つしかないでしょう。

なお、iPhoneでもBluetoothコントローラーを使う場合にはiOS 14以上が必要です。

まとめ:原神のスマホ用コントローラーおすすめ10選【iPhone・Android・iPadなど】

本記事では原神のスマホ用コントローラーの選び方や原神のスマホ用コントローラーおすすめ10選、原神のスマホ用コントローラーを使うメリット・デメリットについてご紹介しました。

改めて原神のスマホ用コントローラーおすすめ10選を確認しておきましょう。

原神のスマホ用コントローラーおすすめ10選

また原神のスマホ用コントローラーの選び方は以下の通り。

原神のスマホ用コントローラーの選び方

  • 原神公式がサポートしているか
  • ボタン配置や数で選ぶ
  • 取り付けタイプかゲームパッドタイプか

本記事を参考にコントローラー(パッド)を選び、最高のスマホ版原神ライフをお楽しみください!

Apexモバイルのコントローラーおすすめ7選【設定方法も解説】

Apexモバイルをもっと快適にプレイしたい!Apexモバイルのおすすめのコントローラーや選び方を知りたい! 今回はこんな疑問を解決していきます。 昨今eスポーツ業界で人気があるApexモバイルですが、 ...

続きを見る

原神のおすすめコントローラー9選【PC版の方必見!】

原神をもっと快適にプレイしたい!原神のおすすめのコントローラーや選び方を知りたい! 今回はこんな疑問を解決していきます。 昨今eスポーツ業界で人気がある原神ですが、原神を快適にプレイするためにはどのよ ...

続きを見る

原神におすすめのゲーミングモニター7選【安いモニターも】

原神をもっと快適にプレイしたい!原神のおすすめのゲーミングモニターやゲーミングモニターの選び方を知りたい! 今回はこんな疑問を解決していきます。 昨今eスポーツ業界で人気がある原神ですが、原神を快適に ...

続きを見る

原神のおすすめゲーミングノートPC12選【安い商品もご紹介】

原神をもっと快適にプレイしたい!原神のおすすめのゲーミングノートPCやゲーミングノートパソコンの選び方を知りたい! 今回はこんな疑問を解決していきます。 昨今eスポーツ業界で人気がある原神ですが、原神 ...

続きを見る

当メディアに掲載されているゲーミングデバイス・ガジェットの情報が古くなっている、間違っている場合は、その事実を確認できる情報と共にお問い合せフォームよりお気軽にご連絡ください。当サイト編集部が修正対応致します。
また当メディアの情報は必ずしも正確性・合法性・安全性を保証するものではありません。各デバイス・ガジェットの最新の料金や商品の詳細等については、各ECサイト・販売店・メーカーよりご確認ください。詳しくは免責事項をお読みになった上で利用していただくようよろしくお願い致します。
  • この記事を書いた人
GameLens(ゲームレンズ)編集部

GameLens(ゲームレンズ)編集部

GameLens(ゲームレンズ)の編集者/監修者。マウスやキーボード、イヤホンやモニター、ヘッドセットやコントローラー、ゲーミングPCやノートパソコンを始めとしたゲーミングデバイスを集めるのが趣味。好きなゲーミングデバイスメーカーはLogicoolとRazerとBenQ。好きなPCゲームはApex LegendsとVALORANTとSplatoon。最近はLogicool G913 LIGHTSPEED(タクタイル)を購入。趣味でゲーマー向けのWebサービスやモバイルアプリを開発している。

-コントローラー(パッド), 原神
-

Copyright © GameLens(ゲームレンズ) All Rights Reserved.