マウスパッド

プロの使用率が高いゲーミングマウスパッドおすすめ10選

更新日 :

PCゲームやFPSをもっと快適にプレイしたい!プロゲーマーの使用率が高いゲーミングマウスパッドやマウスパッドの選び方を知りたい!

今回はこんな疑問を解決していきます。

VALORANTやApex Legends、フォートナイトなどマウス操作が勝敗を分けるゲームをするときは、マウスパッドの質にこだわるのがおすすめです。

とはいえ素材の種類や分厚さ、サイズの大小や撥水加工の有無など、選択肢が多いのがマウスパッドの特徴です。

そこで本記事ではプロゲーマーの使用率が高いゲーミングマウスパッド10選やプロゲーマーが使うマウスパッドの選び方についてご紹介していきます。

目次

※各デバイスの最新の料金や商品の詳細については、各ECサイト・販売店・メーカーよりご確認ください。 ※当記事はゲーミングデバイス集めやApex Legends・VALORANTなどのFPSゲームのプレイ、マウスやキーボード等のガジェットの情報収集を趣味としている私が、私の経験・体験を元に執筆・編集・監修をしております。私の経歴や私の略歴は記事下部の著者情報をご確認ください。

ゲーミングマウスパッドの選び方

ここからはゲーミングマウスパッドを選ぶポイントを5つご紹介します。

ゲーミングマウスパッドの選び方

  • 素材・滑りやすさで選ぶ
  • 厚みで選ぶ
  • サイズで選ぶ
  • 手入れのしやすさで選ぶ
  • ブランドで選ぶ

数あるゲーミングマウスパッドから自分にあった製品を探すために、一つずつ確認していきましょう。

1. 素材・滑りやすさで選ぶ

ゲーミングマウスパッドには布素材で出来たソフトタイプと、プラスチックや金属で出来ているハードタイプの2種類あります。

それぞれ特徴が異なり、プレイするゲームによって向いているゲーミングマウスパッドも異なります。

ゲーミングマウスパッドの素材による特徴は、下記の通りです。

ソフトタイプハードタイプ
・滑りやすさと止めやすさを兼ね備えている
・安価な製品が多い
・サイズが豊富
・ローセンシにおすすめ
・摩耗による劣化がある
・滑りやすい
・汚れに強い
・耐久性がある
・ハイセンシにおすすめ
・止めにくい

たとえば、小さく、精度の高いプレイングが必要なVALORANTでは、滑りやすさよりもコントロールのしやすいソフトタイプのゲーミングマウスパッドがおすすめです。

一方、素早い動きが必要なApex Legendsは、すべり出しの良いハードタイプが向いています。

FPSゲームをメインでプレイしているのであれば、まずはソフトタイプのゲーミングマウスパッドから使ってみるのをおすすめします。

おすすめVALORANTのおすすめゲーミングマウスパッド8選【プロゲーマー使用率ランキング】
おすすめApex Legendsのおすすめゲーミングマウスパッド8選【プロゲーマー使用マウスパッド】

2. 厚みで選ぶ

ゲーミングマウスパッドの厚みは、手首の疲れ軽減やコントロール調整に重要な役割を果たします。

一般的なマウスパッドの厚みは1〜3mmが多いですが、ゲーミングマウスパッドは1〜6mmと分厚い製品もあります。

初めてゲーミングマウスパッドを選ぶのであれば、平均的な3mmを目安に選ぶとよいでしょう。

3mmはほどよいクッション性があり、沈み込みすぎないので操作性も抜群です。

厚みのあるゲーミングマウスパッドは沈み込みで止めやすさはある一方、すべり出しがやや重めなので素早い動きには向いていません。

より滑りやすさを求めるなら薄く、止めやすさを重視するなら厚いゲーミングマウスパッドを選ぶとよいでしょう。

3. サイズで選ぶ

一般的なマウスパッドと異なり、ゲーミングマウスパッドはさまざまなサイズがあります。

ゲーミングマウスパッドのサイズを選ぶ際は、自分のマウス感度に合わせるのがおすすめです。

プロゲーマーはマウスの振り向き距離の長いローセンシの選手が多く、大きく手を動かすためにもサイズの大きいゲーミングマウスパッドが人気です。

小さいゲーミングマウスパッドだと、マウスが操作できる範囲が狭くなり、思ったようにエイムが合わせられません。

自分のセンシがわからない場合は、まずは大きいLサイズのゲーミングマウスパッドを選ぶのがおすすめです。

しかし、机の広さが足りない場合は、Mサイズを試してみてもよいでしょう。

4. 手入れのしやすさで選ぶ

ゲーミングマウスパッドは汗やホコリなどで汚れやすく、精度に関わるため、お手入れのしやすい製品がおすすめです。

撥水加工など特殊加工されたゲーミングマウスパッドであれば、軽く拭き取るだけで綺麗になります。

また、ソフトタイプであれば丸洗いできる製品も多く、なかには洗濯機で洗えるものも。

衛生面を気にするなら丸洗いできるゲーミングマウスパッドを選ぶのがおすすめです。

ただし、ソフトタイプは洗うたびに布が劣化しやすく、表面が剥がれやすいため、できるだけマウスパッドの端がしっかりした製品を選びましょう

5. ブランドで選ぶ

自分に合ったゲーミングマウスパッド選びに悩んだら、プロゲーマーが使用しているブランドで選ぶのもおすすめです。

たとえば、prosettings.netでVALORANTプロゲーマーが使用しているゲーミングマウスパッドのブランドを確認すると下記の結果になりました。

VALORANTプロゲーマーが使用しているゲーミングマウスパッドのブランド

ARTISANはApex Legendsなど、ほかのFPSゲームでも愛用しているプロゲーマーが多く、ゲーミングマウスパッドとしての使いやすさは抜群です。

低コストなゲーミングマウスパッドを求めているのであればLogicoolおしゃれなデザインから選びたいならVAXEEなど、ブランドごとの特徴に合わせて選んでみてください。

プロの使用率が高いゲーミングマウスパッドの比較表

続いてはプロゲーマーの使用率が高いゲーミングマウスパッド10選の比較表をご紹介します。

プロの使用率が高いゲーミングマウスパッドの比較表

商品名Logicool G240fLogicool G640SteelSeries QcK +Razer Gigantus V2ZOWIE G-SR-SELogicool G840SteelSeries QcK Heavy XXLSteelSeries QcK Edge MediumHyperX Pulsefire MatRazer Strider L
商品画像
価格(税込)1,700円3,500円1,673円2,480円6,396円5,300円4,480円1,436円3,608円4,839円
Amazon評価(4.4/5.0)(4.6/5.0)(4.4/5.0)(4.5/5.0)(4.7/5.0)(4.6/5.0)(4.6/5.0)(4.6/5.0)(4.4/5.0)(4.6/5.0)
表面素材ソフトタイプソフトタイプソフトタイプソフトタイプソフトタイプソフトタイプソフトタイプソフトタイプソフトタイプハイブリッドソフト / ハード
サイズ340mm x 280mm400mm x 460mm(3mm厚)
460 x 400mm(5mm厚)
S: 250mm x 210mm
M: 320mm x 270mm
L: 450mm x 400mm
XL: 900mm x 300mm
3XL: 1220mm x 590mm
S:360mm × 275mm
M:450mm × 400mm
L:940mm × 410mm
480mm x 400mm
(コントロール重視タイプ・大)
900mm x 400mmM:320mm × 270mm
XXL:1220mm x 590mm
320mm x 270mm420mm × 900mm450mm × 400mm
厚み1mm3mm・5mm2mmS・M:3mm
L:4mm
3.5mm3mmM:6mm
XXL:4mm
2mm3mm3mm
滑りやすさ中程度
(バランスタイプ)
低~中程度
(バランスタイプ)
中程度
(バランスタイプ)
低~中程度
(コントロールタイプ)
中程度
(バランスタイプ)
中程度
(バランスタイプ)

(コントロールタイプ)
中程度
(バランスタイプ)
中程度
(バランスタイプ)
中〜高程度
(バランス寄りスピードタイプ)
購入サイト

プロゲーマーの使用率が高いゲーミングマウスパッドの各商品の詳細は次の章をご覧ください。

プロの使用率が高いゲーミングマウスパッドおすすめ10選

ここからは実際にAPEXやVALORANTのプロ選手が使用しているゲーミングマウスパッドを10種類ご紹介します。

使用率の高いゲーミングマウスパッドのなかでも人気の製品を集めたので、ぜひ自分に合った製品を選んでみてくださいね。

プロの使用率が高いゲーミングマウスパッドおすすめ10選

それでは順番に解説していきます。

プロの使用率が高いゲーミングマウスパッド①Logicool G240f

Logicool G240fは圧倒的な安さで、使いやすいコスパNO.1のゲーミングマウスパッドです。

2024年2月現在1,700円(税込)と安価で、レビューも☆4.4と高評価を得ています。

エントリーモデルと言われる価格帯ですが、滑りやすさと止めやすさは価格以上の満足度があるでしょう。

同モデルのハードタイプも低価格で購入できるゲーミングマウスパッドの一つです。

サイズはやや小さめですが、まずは安価な製品から自分にあったゲーミングマウスパッドを探したいという方にはぴったりではないでしょうか。

表面素材ソフトタイプ
サイズ340mm✕280mm
厚み1mm
滑りやすさ中程度
(バランスタイプ)

プロの使用率が高いゲーミングマウスパッド②Logicool G640

VALORANT、Apex Legendsともに、プロゲーマーの使用率ランキング上位に挙がったLogicool G640もコスパに優れたゲーミングマウスパッドです。

サイズや価格はマウスパッドの厚さによって異なりますが、どちらも十分な大きさがあります。

特にプロユースが想定されている厚さ5mmは横に長いため、ローセンシでプレイするFPSプレイヤーにおすすめです。

滑りやすさに関してはほどよいバランスタイプで、適度な滑りやすさ、止めやすさを求めている方に向いています

表面素材ソフトタイプ
サイズ400mm✕460mm(3mm厚)
460mm✕400mm(5mm厚)
厚み3mm・5mm
滑りやすさ低~中程度
(バランスタイプ)

プロの使用率が高いゲーミングマウスパッド③SteelSeries QcK +

大きなサイズで、安いゲーミングマウスパッドを探している方におすすめなのがSteelSeries QcK +です。

Amazonで取り扱いのある一番大きな3XLでも6,000円以下で購入できるため、キーボードもマウスパッドの上に乗せたい方に向いています。

滑りやすさはバランス寄りなので、癖のないエイム調整が可能です。

ゲーミングマウスパッドのなかでもサイズが豊富なため、ローセンシでVALORANTなどをプレイしている方も、自分の振り向き距離に合わせて選べるでしょう。

表面素材ソフトタイプ
サイズS: 250mm x 210mm
M: 320mm x 270mm
L: 450mm x 400mm
XL: 900mm x 300mm
3XL: 1220mm x 590mm
厚み2mm
滑りやすさ中程度
(バランスタイプ)

プロの使用率が高いゲーミングマウスパッド④Razer Gigantus V2

Razer Gigantus V2は厚みのあるラバーフォームが特徴のゲーミングマウスパッドです。

Razerのイメージカラーであるグリーンのラバーベースは、激しくマウスを動かしてもズレません。

滑り出しはあまりよくありませんが、ほどよい滑りやすさ、止めやすさがあります。

Lサイズは厚みが4mmになるものの、ラバーがやや硬めなので沈み込みはあまりありません

Razerのマウスを使っているのであれば、ブランドで揃えて使用するのもかっこいいのではないでしょうか。

表面素材ソフトタイプ
サイズS:360mm×275mm
M:450mm×400mm
L:940mm×410mm
厚みS・M:3mm
L:4mm
滑りやすさ低~中程度
(コントロールタイプ)

プロの使用率が高いゲーミングマウスパッド⑤ZOWIE G-SR-SE

プロゲーマーの使用率も高いZOWIE G-SR-SEは、滑りやすく止めやすい人気のゲーミングマウスパッドです。

表面が従来のZOWIE G-SRよりも細かくなったため、非常にソフトな手触りになりました。

まさに滑りやすく、止めやすいゲーミングマウスパッドで、ほかの製品と比較しても扱いやすいでしょう。

やや湿度に弱いのが気になりますが、アームカバーなどをつければ問題なく使用できます

ただし、人気のゲーミングマウスパッドなので、売り切れやプレミアム価格で販売されている事が多いのが難点でしょう。

表面素材ソフトタイプ
サイズ480mm✕400mm
(コントロール重視タイプ・大)
厚み3.5mm
滑りやすさ中程度
(バランスタイプ)

プロの使用率が高いゲーミングマウスパッド⑥Logicool G840

Logicool G840はサイズ感と性能がマッチした、マルチなゲーミングマウスパッドです。

キーボードとマウスの高さを一緒に調整できるため、操作感のズレを感じにくく、ローセンシの方も安心してプレイできるスペースがあります。

滑り出しはやや抵抗があるものの、滑りやすさも止めやすさも申し分ありません。

裏面のラバーベースがしっかりとズレを防止してくれるため、マウス操作中にたるむ心配がないのもおすすめポイントです。

表面素材ソフトタイプ
サイズ900mmx400mm
厚み3mm
滑りやすさ中程度
(バランスタイプ)

プロの使用率が高いゲーミングマウスパッド⑦SteelSeries QcK Heavy XXL

厚いゲーミングマウスパッドを求めている方には、SteelSeries QcK Heavy XXLがおすすめです。

厚さ4mmとしっかりとしたクッション性があり、普段手首を痛めやすい方も楽にプレイできます

サイズは小さくなりますが、同モデルのMサイズは厚さ6mmとさらにクッション性が高いです。

沈み込みを利用して止めたいならMサイズを、大きさとクッション性を重視するならXXLサイズを選ぶとよいでしょう。

また、どちらのサイズも水洗いが可能なので、常に清潔な状態で使用できるのもおすすめポイントです。

表面素材ソフトタイプ
サイズM:320mm×270mm
XXL:1220mm✕590mm
厚みM:6mm
XXL:4mm
滑りやすさ
(コントロールタイプ)

プロの使用率が高いゲーミングマウスパッド⑧SteelSeries QcK Edge Medium

滑り出しの良い大きいゲーミングマウスパッドを求めている方におすすめなのがSteelSeries QcK Edge Mediumです。

厚さ2mmで滑り出しが軽く、マウスパッドの端にステッチが施されているため、同ブランドのQckよりも耐久性がアップしました。

デザインがシンプルなので机の上に置いてもごちゃついた印象はなく、すっきりとまとまります。

ただし、ロゴ部分は滑り心地が悪く感じるため、大きめサイズを購入してできるだけ広くマウス操作するほうがよいでしょう。

表面素材ソフトタイプ
サイズ320 mm x 270 mm
厚み2mm
滑りやすさ中程度
(バランスタイプ)

プロの使用率が高いゲーミングマウスパッド⑨HyperX Pulsefire Mat

HyperX Pulsefire Matは、プロゲーマー使用率ランキング上位のHyperX Fury S Proの後継モデルと呼ばれています。

サイズ感や素材などは変わらず、表面のロゴが目立たなくなったことで、デザイン性が向上したゲーミングマウスパッドです。

操作性はバランス寄りで、滑りやすさよりも止めやすさが強いのが特徴です。

サイズ展開が豊富で、一番大きいサイズはフルサイズキーボードと一緒にマウスを乗せても、十分なスペースがあります。

表面はアムンゼン生地が採用されていて、肌触りも良く、長時間プレイしていても擦れが気にならないでしょう。

性能の割に安いので、コスパ重視で止めやすいゲーミングマウスパッドを探している方におすすめです。

表面素材ソフトタイプ
サイズ420mm×900mm
厚み3mm
滑りやすさ中程度
(バランスタイプ)

プロの使用率が高いゲーミングマウスパッド⑩Razer Strider L

表面にポリエステル素材を採用したRazer Strider Lは、湿度に強いゲーミングマウスパッドです。

ソフトタイプとハードタイプのメリットを兼ね備えているタイプで、滑りやすさはバランス寄りといえます。

表面加工がやや硬めのため、滑り出しはやや遅めですが、滑り出してからの操作や止めやすさには安定感があります。

中間層のスポンジが薄くあまり沈み込まないタイプなので、マウスに圧をかけて止めていた方は慣れるまで時間がかかるかもしれません。

しかし、Apex Legendsのように素早いトラッキングエイムが必要になるタイトルとの相性抜群なので、普段細かいエイムが多いタイトルをプレイしている方におすすめです。

表面素材ハイブリッドソフト / ハード
サイズ450mm×400mm
厚み3mm
滑りやすさ中〜高程度
(バランス寄りスピードタイプ)

プロが使用するゲーミングマウスパッドに関するよくある質問

最後にプロゲーマーが使用しているゲーミングマウスパッドでよくある質問を6つご紹介します。

ゲーミングマウスパッドのメンテナンス方法や、使用率について回答しましたのでぜひ参考にしてください。

VALORANTのプロの使用率が高いゲーミングマウスパッドは?

VALORANTのプロゲーマーの使用率が高いゲーミングマウスパッドは、以下の通りです。

VALORANTのプロの使用率が高いゲーミングマウスパッド

ARTISAN 零はVCTでも多くのプロゲーマーが使用していたので、知っている方も多いのではないでしょうか。

滑り出しが軽いのももちろんですが、止めやすさが抜群で、価格も高すぎないので人気のゲーミングマウスパッドです。

今回ご紹介しているZOWIE G-SR-SE、Logicool G640、SteelSeries QcK HeavyはVALORANT以外のプロゲーマーもよく使用しています。

VAXEE PAも人気のデザインが多く、Depさんも別デザインを過去に使用していました。

おすすめVALORANTのおすすめゲーミングマウスパッド8選【プロゲーマー使用率ランキング】

APEXのプロの使用率が高いゲーミングマウスパッドは?

Apex Legendsのプロゲーマーの使用率が高いゲーミングマウスパッドは、以下の通りです。

APEXのプロの使用率が高いゲーミングマウスパッド

NIRUさんをはじめ、Apex Legendsの配信者やプロゲーマーの使用率が高いLogicool G640。

スムーズな滑り出しが特徴で、コスパも良く、多くのFPSプレイヤーに愛用されています。

また、HyperX Fury S Proも3,000円代で購入できるマウスパッドのなかでは非常にすべりやすく、厚みなどの質感も十分です。

ZOWIE G-SR-SE、ARTISAN 疾風 乙、ARTISAN FX 飛燕は、Apex Legend以外のFPSゲームでも人気の高いゲーミングマウスパッドなのでご存知の方も多いのではないでしょうか。

ARTISAN 疾風 乙はYukaF(ゆか)さんも使用しているゲーミングマウスパッドで知られてますね。

おすすめApex Legendsのおすすめゲーミングマウスパッド8選【プロゲーマー使用マウスパッド】

ゲーミングマウスパッドと普通のマウスパッドは何が違う?

ゲーミングマウスパッドと普通のマウスパッドの大きな違いは、エイムのしやすさです。

ゲーミングマウスパッドには、一般的なマウスパッドにはない下記のような特徴があります

  • 滑りやすく、止めやすい
  • マウスのセンサーが反応しやすい
  • 大判サイズのマウスパッドが多い

ゲーミングマウスパッドには、普通のマウスパッドにはない滑らかな滑り心地と止めやすさがあります。

普通のマウスパッドでもFPSゲームができないわけではありませんが、思ったところで止めにくい、滑り出しにひっかかりがあるなど、快適性は感じられません。

また、マウスのセンサーの反応しやすさも異なり、同じソフトタイプでもカーソル飛びしにくいのはゲーミングマウスパッドです。

FPSゲームは多くの場合マウスを大きく動かすため、大判サイズのあるゲーミングマウスパッドが向いているといえるでしょう。

ゲーミングマウスパッドはどのくらいの頻度で変える?

ゲーミングマウスパッドを変える頻度は、当然ながら使用頻度や素材によって異なります。

下記のような状態になったら、ゲーミングマウスパッドを交換する時期かもしれません。

  • マウスパッドの表面が剥がれてきた
  • 滑りやすさがなくなった
  • 場所によって沈み方が違う
  • マウスカーソルの反応が変わった

長時間プレイの多い人であれば、マウスパッドの端がほつれたり、表面加工が削れたりしやすいため、早い人であれば1〜2カ月で変える人もいます

プロゲーマーは複数のゲーミングマウスパッドを使いまわしている可能性が高く、比較的長く使用している印象です。

毎日数時間程度のプレイであれば、定期的なメンテナンスで半年〜1年程度は長持ちするでしょう。

ゲーミングマウスパッドは洗っても大丈夫?

基本的にソフトタイプのゲーミングマウスパッドは、手洗いできる可能性が高いです。

洗濯機洗いもできるモデルもありますが、へたりやすいので長持ちさせたいなら手洗いするとよいでしょう。

ゲーミングマウスパッドを手洗いする際は、下記のポイントを意識してみてください。

  • ぬるま湯で洗う
  • 洗剤を泡立てた桶やバケツで洗う
  • 泡が出なくなるまでしっかりすすぐ
  • クセがつかないようにハンガーもしくはタオルの上でしっかり乾かす

ソフトタイプのマウスパッドは汗や食べ物などが染み込むと滑りが悪くなる可能性があるため、こまめに洗うのがおすすめです。

また、ハードタイプや洗えないゲーミングマウスパッドは、軽く拭き取るだけで清潔なまま使用できます。

ゲーミングマウスパッドは基本的に湿度に弱いため、できるだけしっかり乾かすようにしましょう。

ゲーミングマウスパッドを長持ちさせる方法は?

ゲーミングマウスパッドを長持ちさせるには、こまめな掃除と湿度の高い状態から防ぐ必要があります。

汚れがひどいとすべりにくく、エイムの精度が悪くなり、そのまま使い続けるとマウスパッドが劣化して本来の性能が発揮できません。

また、ソフトタイプのゲーミングマウスパッドは湿度に非常に弱いため、除湿機やエアコンを使って、風通しのよい場所に保管すると長持ちします。

プレイ中も汗などの湿度で滑りが悪く感じるときは、アームカバーを使用してみるとよいでしょう。

長時間プレイした後にハンガーにかけておくだけでも、湿度が改善されて長持ちしやすいです。

まとめ:プロの使用率が高いゲーミングマウスパッドおすすめ10選

本記事ではプロゲーマーの使用率が高いゲーミングマウスパッド10選やプロゲーマーが使うマウスパッドの選び方についてご紹介しました。

改めてプロの使用率が高いゲーミングマウスパッドおすすめ10選を確認しておきましょう。

プロの使用率が高いゲーミングマウスパッドおすすめ10選

またまたプロゲーマーが使うゲーミングマウスパッドの選び方は以下の通り。

ゲーミングマウスパッドの選び方

  • 素材・滑りやすさで選ぶ
  • 厚みで選ぶ
  • サイズで選ぶ
  • 手入れのしやすさで選ぶ
  • ブランドで選ぶ

本記事を参考にゲーミングマウスパッドを選び、最高のゲームライフをお楽しみください!

ローセンシ向けのマウスパッドおすすめ10選【大きさ重視】

ローセンシだけどマウスパッドが合わない!ローセンシ向けのマウスパッドや選び方を知りたい! 今回はこんな疑問を解決していきます。 ローセンシはわずかな手の震えやマウスクリックによる少々のズレであればほと ...

続きを見る

ハイセンシ向けのマウスパッドおすすめ10選【大きさ重視】

ハイセンシだけどマウスパッドが合わない!ハイセンシ向けのマウスパッドや選び方を知りたい! 今回はこんな疑問を解決していきます。 ハイセンシは僅かな手の動きや小さな揺らぎまでダイレクトにマウスカーソルに ...

続きを見る

VALORANTのおすすめゲーミングマウスパッド8選【プロゲーマー使用率ランキング】

VALORANTをもっと快適にプレイしたい!VALORANTのおすすめのゲーミングマウスパッドやマウスパッドの選び方を知りたい! 今回はこんな疑問を解決していきます。 昨今eスポーツ業界で人気があるV ...

続きを見る

Apex Legendsのおすすめゲーミングマウスパッド8選【プロの使用率が高い】

Apex Legendsをもっと快適にプレイしたい!Apex Legendsのおすすめのゲーミングマウスパッドやマウスパッドの選び方を知りたい! 今回はこんな疑問を解決していきます。 昨今eスポーツ業 ...

続きを見る

当メディアに掲載されているゲーミングデバイス・ガジェットの情報が古くなっている、間違っている場合は、その事実を確認できる情報と共にお問い合せフォームよりお気軽にご連絡ください。当サイト編集部が修正対応致します。
また当メディアの情報は必ずしも正確性・合法性・安全性を保証するものではありません。各デバイス・ガジェットの最新の料金や商品の詳細等については、各ECサイト・販売店・メーカーよりご確認ください。詳しくは免責事項をお読みになった上で利用していただくようよろしくお願い致します。
  • この記事を書いた人
ゲーミングデバイス+編集部

ゲーミングデバイス+編集部

当サイト「ゲーミングデバイス+」の編集者。マウスやキーボード、イヤホンやモニター、ヘッドセットやコントローラーを始めとしたゲーミングデバイスを集めるのが趣味。好きなゲーミングデバイスメーカーはLogicoolとRazerとBenQ。好きなPCゲームはApex LegendsとVALORANT。最近はLogicool G913 LIGHTSPEED(タクタイル)を購入。趣味でゲーマー向けのWebサービスやモバイルアプリを開発している。eスポーツ関連のスタートアップ企業の役員。

-マウスパッド
-

Copyright © ゲーミングデバイス+ All Rights Reserved.