プロゲーマー・配信者の使用デバイス

NIRU(ニル)の使用デバイスやゲーム設定まとめ【マウス・モニター】

更新日 :

みなさんはApex配信者として有名なNIRU(ニル)さんをご存知でしょうか?

NIRU(ニル)さんはApex Legendsの実況動画をYouTubeでアップしており、圧倒的な人気を集めているゲーム実況者です。

そこで今回はNIRU(ニル)さんの使用デバイス(マウス・モニター・コントローラー)やプロフィール・経歴について詳しく解説・ご紹介します。

NIRU(ニル)さんと同じデバイスを揃えたいファンの方は必見です!
※各デバイスの最新の料金や商品の詳細については、各ECサイト・販売店・メーカーよりご確認ください。 ※当記事はゲーミングデバイス集めやApex Legends・VALORANTなどのFPSゲームのプレイ、マウスやキーボード等のガジェットの情報収集を趣味としている私が、私の経験・体験を元に執筆・編集・監修をしております。私の経歴や私の略歴は記事下部の著者情報をご確認ください。

NIRU(ニル)の使用デバイス一覧

Apex配信者として有名なNIRU(ニル)さんは、以前「バトルフィールド」というゲームで活躍していた経歴も持っています。

自分が使っているデバイスやゲーム内の感度、ボタン配置についても詳しく公式YouTubeチャンネル内で解説してくれているので、初心者からプロまで幅広く参考にできるのがポイントです。

今回はNIRU(ニル)さんの使用PCやPCスペック、デバイスから紹介していきます。

NIRU(ニル)の使用デバイス一覧

それでは順番に解説していきます。

NIRU(ニル)の使用デバイス①コントローラー

「Nacon Revolution Pro Controller 2」は第二世代の Revolution Pro Controller V2として開発され、操作性の良さとグリップのしやすさを追求されています。

Nacon Revolution Pro Controller 2の特徴

  • USB Type-Cによるレイテンシーを抑えた有線コントローラー
  • PS4オフィシャルライセンス取得済み製品
  • 4つのショートカットボタンあり

左右のスティックは自由にカスタマイズできるので、自分の使い勝手に合わせて効果を調整できるのがメリット

方向パッドも8方向または4方向の設定切り替えができるので、カスタマイズ性も高めです。

PS4オフィシャルライセンス取得済みなので信頼性も高く、実際に販売実績も多数あるので初心者でも安心できます。

NIRU(ニル)の使用デバイス②フリーク

「アクラス AIM SNIPER」は操作感を更に向上させたいときに便利なアイテムであり、コントローラーの指馴染みをよくすることができます。

アクラス AIM SNIPERの特徴

  • エイム (照準合わせ) が格段に速くなるアシストキャップ
  • アナログスティックにかぶせるだけの簡単装着
  • 好みに合わせて選べる4タイプが入っている

フリークとは、コントローラーのアナログスティックに被せて使用するゲーミングアクセサリーです。

アクラス社のフリークは特に手への馴染みが良いことで話題になっており、汗や汚れによる空滑りが起きません。

ステックの高さを上げて細かい動きを助けたり、グリップしやすいため咄嗟の操作がしやすかったり、多くのシーンで役立ちます。

入力角度の調整や指への負荷軽減にも効果的なので、小さなアイテムですがぜひ取り入れてみましょう。

NIRU(ニル)の使用デバイス③マウス

「Logicool G PRO X SUPERLIGHT」は軽量型のマウスであり、手に馴染みやすく使い勝手が良いため多数のプロゲーマーが活用しています。

Logicool G PRO X SUPERLIGHTの特徴

  • Logicool G史上最軽量のワイヤレスゲーミングマウス
  • HERO 25Kセンサー搭載!70時間連続プレイ可能
  • 一度使えばやめられないPOWERPLAY無線充電

ゲーミングマウスとして有名なLogicool社製品のなかでも特に軽量なモデルとして販売され、自分の手と同じ感覚で使えるとして注目されました。

連続70時間プレイを続行できるバッテリー性能にも注目が集まり、長時間の配信でも使いやすいアイテムとして評価されています。

また、ワイヤレス充電できるのでコードが絡むこともなく、プレイと充電を同時にできるなどメリットが多いのも特徴。

激しくマウスを動かすFPSゲームのプロ選手達の意見を取り入れて開発されたからこそのクオリティであり、マウス選びに迷ったときの選択肢としておすすめです。

NIRU(ニル)の使用デバイス④マウスパッド

「Logicool G G640r」は大型サイズのマウスパッドとして知られており、3mm厚と5mm厚から選択できます。

特にずっしりとした重厚感がありズレに強い5mm厚はプロ向け商品として開発されているので、ゲーミングマウスパッドとして最適です。

Logicool G G640rの特徴

  • ラージサイズでFPSなど大幅にマウスを動かすゲームに最適
  • 表面素材はソフトファブリックを使用していて適度な摩擦感あり
  • 高速での急加速、急停止および方向転換も確実にコントロール可能

急なマウス操作でも遅延が発生しないよう企画・開発されたマウスパッドであり、ゲーム中のスピーディーな動きでもタイムラグなくアクションできるのがメリット。

高負荷のゲーム中でもマウスパッドがズレないのでストレスを軽減しやすく、スコアや戦績にも影響します。

Logicool社のマウスとは特に相性が良くなるよう作られており、何度も性能試験が繰り返されているのでセットで購入するのもおすすめです。

なお、3mm厚と5mm厚ともに底面には1mmのラバーベースが敷設されているので、マウスパッドが変に盛り上がってしまうこともありません。

その他同じシリーズに「標準サイズのクロス仕様」と「標準サイズのハード仕様」とがあり、自分に合ったものを選べます。

NIRU(ニル)の使用デバイス⑤キーボード

「VARMILO カスタムキーボード」は、VARMILOが完全オーダーメイドで制作しているカスタム式のキーボードです。

世界にひとつ、自分だけのキーボードを作れるので、キー配置もカラーリングも自由自在。

オリジナリティの高いキーボードにしたい人や、既製品でなかなか自分に合うキーボードが見つからない人は検討してみましょう。

VARMILO カスタムキーボードの特徴

  • サイズも配列も自分で選べるカスタマイズ性の高さ
  • 「よく使うキーボードだけ色を変える」など特注制作ができる
  • Web注文から3週間程度で完成する利便性

VARMILOの公式HPには、カスタマイズ制作したさまざまなキーボードが掲載されています。

US配列・ISO配列など多くのパターンに対応しているので、カスタマイズの手間も最小限で作れるのがメリット。

また、VARMILO社はカスタマイズキーボードの他、既製品も販売しているのでチェックしてみましょう。

個々の世界観をモチーフとしたテーマキーボードや、日本語配列の製品などさまざまなラインナップがあり、カスタマイズせずとも購入することが可能です。

NIRU(ニル)の使用デバイス⑥イヤホン

「Apple EarPods」はiPhoneと一緒に梱包されてくるイヤホンであり、特別にゲーミング向けの開発をされた製品ではありません。

その分金額が安く、Apple社製品との相性は良いので、世界中に愛用者のいる一品です。

Apple EarPodsの特徴

  • リモートコントロール内蔵で操作しやすい
  • ベーシックなチューニングがされているので聞き疲れない
  • 3,000円程度で購入できるためコストパフォーマンスが良い

ノンイヤータイプなので外の音が聞こえやすく、「ながらリスニング」にちょうどよい作りになっているのが特徴。

軽さも十分なので耳が疲れにくく、ずっと音が飽和している状態が苦手な人にもおすすめできます。

Apple EarPodsを直挿して使えばシンプルにいつでもどこでも利用できるので、汎用性の高いアイテムとしてひとつ持っておくのもよいでしょう。

NIRU(ニル)の使用デバイス⑦モニター

「Acer KG251QIbmiipx」は画質を重視して開発されたゲーミングモニターであり、激しいゲームプレイ中でも映像がカクつかずストレスフリーに使えます。

Acer KG251QIbmiipxの特徴

  • 240Hzの高リフレッシュレートを採用
  • ゼロ・フレームデザインで画面が広く、視界を妨げない
  • ジャンルに応じて8種類の映像モードに切り替え可

応答速度は0.5ms、リフレッシュレートは240Hzという驚異的な高速応答を叶えているので、ゲーム以外にもさまざまなシーンで活用できます。

「Gameモード」機能を活用すればゲーミングに特化した映像モードにできる他、黒の強弱を11段階に調節して暗がりでの視認性を高める「ブラック・ブースト」機能なども搭載。

チューナーや家庭用ゲーム機につないだり、ステレオスピーカーで臨場感のある音楽を楽しんだりすることも可能です。

眼精疲労を引き起こす要因であるフリッカー現象を抑制する「フリッカーレス・テクノロジー」も搭載されているので、長時間のゲームで目が疲れてしまう人も導入を検討してみましょう

NIRU(ニル)の使用デバイス⑧マイク

「AVerMedia AM310」は高音質の配信、ゲーム実況、録音を実現できるマイクロホンとして開発されています。

AVerMedia AM310の特徴

  • 単一指向性マイクユニットを採用
  • 雑音などのノイズを減少する機能も搭載
  • 音量調節ツマミとマイクのミュートボタンを搭載

パソコンの音量調節ツマミとマイクのミュートボタンを搭載しているため、気軽に操作できるのが大きなメリット。

正面の音を拾うのに強い「単一指向性マイクユニット」を採用しており、基本的に配信者が自分ひとりであるときや声のする方向が定まっているときに最適です。

雑音などのノイズを減少し、音声をクリアに伝達できるので手元の音を拾いたくないときにも活用できます。

NIRU(ニル)のApex設定

ここでは、NIRU(ニル)さんのApexデバイス設定を紹介します。

使いやすい設定は人それぞれですが、迷ったときはプロの設定を参考にするのがおすすめ。

そこから自分にとって使いやすい内容に再カスタマイズするなど、工夫しやすくなります。

NIRU(ニル)のボタン配置

NIRU(ニル)のボタン配置はこちら。

ジャンプ×
しゃがみR2
アクション/拾う/リロード
武器切り替え/収納(ホールド)R3
照準器エイム(ホールド)L1
攻撃R1
戦術アビリティL2
シグナル/ホイール(ホールド)
スプリント/ズーム切り替えL3
格闘
ヘルスキット/シールドキット十字キー上
キャラクターの固有アクション十字キー左
射撃モード切り替え十字キー下
グレネード装備十字キー右
マップ(切り替え)タッチパッド
アルティメットアビリティL2+○

NIRU(ニル)のモニター設定

NIRU(ニル)のモニター設定はこちら。

画面モードフルスクリーン
縦横比16:9(ネイティブ)
解像度1980×1080(ネイティブ)
視野角100
スプリント時の視点のゆれ
垂直同期無効
解像度適応の目標fps0
アンチエイリアスTSAA
テクスチャストリーミング割り当て中(3GB)
テクスチャフィルタリングバイリニア
アンビエントオクルージョン品質無効
サンシャドウ範囲
サンシャドウディティール
スポットシャドウディティール無効
空間光無効
ダイナミックスポットシャドウ無効
モデルディティール
エフェクトディティール
衝撃マーク無効
ラグドール

NIRU(ニル)のプロフィール・経歴

名前NIRU(ニル)
性別男性
生年月日1999年12月18日
年齢24歳
出身宮城県
経歴2021年「えぺまつり」優勝
所属なし
InstagramNIRU
TwitterNIRU
YouTubeチャンネルNIRU
プレイゲームApex Legends等

NIRU(ニル)さんは事務所に所属せずフリーで活動しているプロゲーマーであり、現在も社会人として働きながらゲームとの両立を図っています。

社会人との両立をするためか基本的に顔出しをしておらず、全身の雰囲気がわかる画像しか公開していないのも特徴。

そのため、「素顔はイケメンなのでは?」「所属企業やプライベートが気になる!」など注目を集めています。

結果、彼女の有無などプライベートに関する投稿がきっかけとなり炎上するなど、ネガティブな注目を集めたことも。

ゲーム配信者としての活動は2016年から開始しており、急速にチャンネル登録者数を増やしました。

Apex実況にマウスを使うプレイヤーが多いなか、NIRU(ニル)さんはコントローラーを使用するなど独自性があったのもポイントと言われています。

コントローラーの設定やゲームのプレイ法なども初心者向けに解説されているので、気になる人はYouTubeチャンネルをチェックしてみるとよいでしょう。

第四回CRカップではApex界の猛者たちを相手に4,000ダメージを与えたり、2021年の「えぺまつり」で優勝したり、さまざまな経歴も持っています。

アマチュアのゲーマーですがプロゲーマーと並ぶ実力があるからこそ、今後も目が離せない存在となりそうです。

まとめ:NIRU(ニル)の使用デバイスやゲーム設定まとめ【マウス・モニター】

今回はNIRU(ニル)さんの使用デバイス(マウス・モニター・コントローラー)やプロフィール・経歴についてご紹介しました。

改めてNIRU(ニル)の使用デバイス一覧を確認しておきましょう。

NIRU(ニル)の使用デバイス一覧

どれも人気の高い商品ばかりでおすすめです。

売り切れる前に、NIRU(ニル)さんとお揃いのデバイスを入手しちゃいましょう!!

NIRU(ニル)さんのYouTube動画も合わせてご覧ください!

当メディアに掲載されているゲーミングデバイス・ガジェットの情報が古くなっている、間違っている場合は、その事実を確認できる情報と共にお問い合せフォームよりお気軽にご連絡ください。当サイト編集部が修正対応致します。
また当メディアの情報は必ずしも正確性・合法性・安全性を保証するものではありません。各デバイス・ガジェットの最新の料金や商品の詳細等については、各ECサイト・販売店・メーカーよりご確認ください。詳しくは免責事項をお読みになった上で利用していただくようよろしくお願い致します。
  • この記事を書いた人
GameLens(ゲームレンズ)編集部

GameLens(ゲームレンズ)編集部

GameLens(ゲームレンズ)の編集者/監修者。マウスやキーボード、イヤホンやモニター、ヘッドセットやコントローラー、ゲーミングPCやノートパソコンを始めとしたゲーミングデバイスを集めるのが趣味。好きなゲーミングデバイスメーカーはLogicoolとRazerとBenQ。好きなPCゲームはApex LegendsとVALORANTとSplatoon。最近はLogicool G913 LIGHTSPEED(タクタイル)を購入。趣味でゲーマー向けのWebサービスやモバイルアプリを開発している。

-プロゲーマー・配信者の使用デバイス
-, , , , , ,

Copyright © GameLens(ゲームレンズ) All Rights Reserved.