Apex Legends ゲーミングPC

Apex Legendsで144fpsで遊べるゲーミングPCおすすめ10選【張り付きでプレイ】

更新日 :

Apex Legendsを144fps張り付きで快適にプレイしたい!Apex Legendsで144fpsで遊べるおすすめのゲーミングPCを知りたい!

今回はこんな疑問を解決していきます。

昨今eスポーツ業界で人気があるApex Legendsですが、Apex Legendsを144fpsで快適にプレイするためにはどのようなゲーミングPCを選べば良いのでしょうか?

そこで本記事ではApex Legendsで144fpsで遊べるおすすめのゲーミングPCやApex Legendsを144fpsでプレイするメリット・デメリットについてご紹介していきます。

目次

※各デバイスの最新の料金や商品の詳細については、各ECサイト・販売店・メーカーよりご確認ください。 ※当記事はゲーミングデバイス集めやApex Legends・VALORANTなどのFPSゲームのプレイ、マウスやキーボード等のガジェットの情報収集を趣味としている私が、私の経験・体験を元に執筆・編集・監修をしております。私の経歴や私の略歴は記事下部の著者情報をご確認ください。

Apex Legendsの必要スペック

まずは、Apex Legendsの必要スペックを解説します。

Apex Legends公式サイトでも触れられているので、自作PCにするときも市販品を使うときも情報収集してみましょう。

Apex Legendsの必要動作環境・必要スペック

Apex Legendsの必要動作環境・必要スペックは、下記の通りです。

OSWindows 10 64ビット版
CPUIntel Core i3-6300 3.8GHz / AMD FX-4350 4.2GHz
RAM6GB
GPUNVIDIA GeForce GT 640 / Radeon HD 7730
GPU RAM1GB
ストレージ容量22GB以上の空き容量

最低限上記を満たしていればApex Legendsを遊ぶこと自体はできますが、滑らかなプレイには届かないことが多いです。

Apex Legendsの推奨動作環境・推奨スペック

Apex Legendsの推奨動作環境・推奨スペックは、下記の通りです。

OSWindows 10 64ビット版
CPUIntel i5 3570Tおよび同等品
RAM8GB
GPUNvidia GeForce GTX 970 / AMD Radeon R9 290
GPU RAM8GB
ストレージ容量22GB以上の空き容量

滑らかな60fpsのフレームレートで最高のプレイ体験を楽しむためには、推奨動作環境を用意する必要があります。

PC用設定オプションも用意されているので、自由にカスタマイズしてみましょう。

Apexで144fpsで遊べるゲーミングPCの比較表

続いてはApexで144fpsで遊べるゲーミングPCの比較表をご紹介します。

Apexで144fpsで遊べるゲーミングPCの比較表

商品名マウスコンピューター ‎G-Tune DGASUS ‎ROG STRIX GL10CSNLPC NEWLEAGUE RTX2070‎マウスコンピューター ‎G-Tune LGドスパラ DiginnosTOPGRO T1Acer Predator Orion 3000MSI Trident AS 13NUC7-493JPAcer Predator Orion 5000ASUS ROG Strix GT15
商品画像
価格(税込)199,800円117,340円159,800円99,760円64,800円239,999円293,760円245,800円398,000円251,760円
Amazon評価(4.4/5.0)(4.4/5.0)(4.4/5.0)(3.9/5.0)(4.3/5.0)(4.6/5.0)(4.4/5.0)(5.0/5.0)(4.6/5.0)(4.1/5.0)
OSWindows 11 HomeHome(64bit), Windows 10Windows 10 ProWindows 10 HomeWindows 11 HomeWindows 11 ProWindows 11 HomeWindows 11 HomeWindows 11 HomeHome(64bit), Windows 10
SSD1TB256GB1TB256GB256GB1TB1TB1TB1,024GB512GB
CPUCore i5Core i5Core i7Core i5-10400Core i5 8400Core i9Core i7Core i7Core i7Core i7
CPU速度2.5 GHz‎2900 MHz4.6 GHz2.9 GHz2.8 GHz2.5 GHz‎2100 MHz5.2 GHz‎2100 MHz‎2900 MHz
RAMメモリ16GB8GB16GB8GB16GB32GB1024GB64GB16GB16GB
GPU‎NVIDIA GeForce RTX 4060NVIDIA GeForce GTX 1650NVIDIANVIDIANVIDIA GTX 1650‎GeForce RTX 3050Ti 8G Laptop‎Nvidia Ge Force Rtx 3070‎GeForce RTX 4060‎GeForce RTX 4070 Ti‎Nvidia Ge Force Gtx 1660 Super
購入サイト

Apexで144fpsで遊べるゲーミングPCの各商品の詳細は次の章をご覧ください。

Apexで144fpsで遊べるゲーミングPCおすすめ10選

ここからは、Apexを144fpsで遊べるゲーミングPCを紹介します。

ゲーミングPCは多数販売されていますが、そのなかでもApex Legends向きのスペックが搭載されているコストパフォーマンスのよいPCを選定しているので参考にしてみましょう。

Apexで144fpsで遊べるゲーミングPCおすすめ10選

それでは順番に解説していきます。

Apexで144fpsで遊べるゲーミングPC①マウスコンピューター ‎G-Tune DG

OSWindows 11 Home
ストレージ1TB
CPUCore i5
CPU速度2.5 GHz

「マウスコンピューター ‎G-Tune DG」は、ゲームプレイから動画配信まで多種多様な用途に活躍できるゲーミングデスクトップパソコンです。

驚異のグラフィック体験を実現するGeForce RTX 4060を搭載しているので、一瞬の判断が勝敗を左右する局面の多いFPSやTPSなどの各種ゲームに最適とされています。

ゲーマーからのリアルな要望を取り入れた、シンプルなシルエットに高級感を演出するマット加工を施したデザインになっているのもポイント。

レッドのLEDファンが標準装備されており、見た目のかっこよさにも優れています

Apexで144fpsで遊べるゲーミングPC②‎ASUS ‎ROG STRIX GL10CS

OSHome(64bit), Windows 10
ストレージ256GB
CPUCore i5
CPU速度‎2900 MHz

「‎ASUS ‎ROG STRIX GL10CS」はゲーミングに特化したデスクトップパソコンであり、第10世代のIntel CoreプロセッサーやAMD Ryzenプロセッサーを搭載しています。

ゲームやマルチタスク処理において高速なパフォーマンスを提供できるようになっているので、高解像度のゲームやビデオ編集に最適です。

NVIDIA GeForce GTXまたはRTXシリーズのグラフィックスカードを搭載しているので別でグラボを用意せずとも、快適なプレイができるのもメリット

複数のストレージドライブスロットや拡張スロットを備えており、ストレージを追加したり他のハードウェアコンポーネントをアップグレードしたりするのも自由自在です。

Apexで144fpsで遊べるゲーミングPC③NLPC NEWLEAGUE RTX2070

OSWindows 10 Pro
ストレージ1TB
CPUCore i7
CPU速度4.6 GHz

「NLPC NEWLEAGUE RTX2070」には、リアルタイムレイトレーシング(RT)という新しいグラフィックス技術が使われています。

光・影・水面などこれまで難しかった表現がよりリアルに映し出されるようになるので、ゲームへの没入感も抜群。

高いグラフィックス処理能力を持ち、高解像度のゲームやビデオ編集などの処理に適しているのでカクつきも少なくできます。

滑らかなフレームレートでのゲームプレイや、高品質なビジュアル表現を重視したいときにこそ、おすすめのパソコンです。

Apexで144fpsで遊べるゲーミングPC④‎マウスコンピューター ‎G-Tune LG

OSWindows 10 Home
ストレージ256GB
CPUCore i5-10400
CPU速度2.9 GHz

「マウスコンピューター ‎G-Tune LG」は、幅11.2cmのスリムな筐体ながら大型グラフィックスカードを搭載しているパソコンです。

初めてオンラインゲームをプレイする方やコストを抑えてゲームを楽しみたいライトゲーマーの購入実績が高く、初心者向けのパソコンとしてもおすすめ。

驚異的なグラフィックスパフォーマンスを発揮する「Geforce GTX 1650 GDDR6版」と「Geforce GTX 1660」をどちらも搭載しているので、自由に選択しながら使えます。

エアフローとデザインの両立がされていたり、USBポートなどが前面にまとまっていて周辺機器の接続が容易だったり、細かな利便性にも優れているのがポイントです。

Apexで144fpsで遊べるゲーミングPC⑤ドスパラ Diginnos

OSWindows 11 Home
ストレージ256GB
CPUCore i5 8400
CPU速度2.8 GHz

「ドスパラ Diginnos」は、高性能なデバイスや周辺機器を提供するメーカーが開発したパソコンです。

最新のIntel CoreやAMD Ryzenプロセッサーを搭載していて、NVIDIA GeForceやAMD Radeonのグラフィックスカードも採用されているのがポイント。

性能に対して比較的リーズナブルな価格設定になっていることが多く、コストパフォーマンスを最重視したいときにも最適です。

GeForce GTX1650でマイクラやフォートナイト、Steam製ゲームなどに使うこともできる汎用性があり、もちろんApex Legendsにも向いています

Apexで144fpsで遊べるゲーミングPC⑥TOPGRO T1

OSWindows 11 Pro
ストレージ1TB
CPUCore i9
CPU速度2.5 GHz

「TOPGRO T1」は高性能なインテルIris Xe 96EU内蔵グラフィックスを搭載したパソコンであり、日常の仕事からゲームなどエンターテイメントのニーズにも対応しています。

NVIDIA GeForce RTX 3050Ti 8G Laptop GPUも搭載されいているので高性能なグラフィックスカードにすることができ、リアルなシーンレンダリングを実現しました。

AI機械学習アルゴリズムを使用してゲームのフレームレートを向上させるなど、新たな技術も使われています。

4K 60Hz出力と大容量のメモリとストレージをフル活用すれば、高画質を楽しみながら十分なキャプチャ取得ができるなど利便性とのバランスも抜群です。

Apexで144fpsで遊べるゲーミングPC⑦Acer Predator Orion 3000

OSWindows 11 Home
ストレージ1TB
CPUCore i7
CPU速度‎2100 MHz

「Acer Predator Orion 3000」のグラフィックスはNVIDIA GeForce RTX 3070を、CPUは第13世代インテル Core i7 プロセッサーを搭載しています。

ストレージも余裕の1TB SSDが確保されているので、初心者からコアゲーマーまで幅広く活用の道が広がっているのがメリット。

黒曜石を思わせる引き締まったブラックのマシンを1,670万色フルカラーで輝くライトが彩り、見た目の美しさにも優れています。

冷却中の振動とノイズを低減する機能もあり、集中力を妨げられることなくゲームに集中できる点もおすすめです。

Apexで144fpsで遊べるゲーミングPC⑧MSI Trident AS 13NUC7-493JP

OSWindows 11 Home
ストレージ1TB
CPUCore i7
CPU速度5.2 GHz

「MSI Trident AS 13NUC7-493JP」は高性能CPUと高効率CPUを組み合わせた第13世代Intel Core i7を搭載しているので、 ゲームをしながらの配信などマルチタスクも可能です。

フルHD対応のゲーミングモニターと組み合わせれば、さらにグラフィックがよくなるのがポイント。

4画面出力に対応し、大迫力のゲーム環境を構築できるので自由にカスタマイズしてみましょう。

熱源ごとに独立した冷却システムがあり、高負荷時でも安定した動作ができます。

Apexで144fpsで遊べるゲーミングPC⑨Acer Predator Orion 5000

OSWindows 11 Home
ストレージ1,024GB
CPUCore i7
CPU速度‎2100 MHz

「Acer Predator Orion 5000」はCPU/GPUの発熱状態を専用画面でモニタリングできるパソコンであり、ファンの速度を選択するなど状況に合わせた判断がしやすくなっています。

Lightingの設定からARGBライティングのカスタマイズもできるので、お気に入りの設定でゲームを楽しみたい人におすすめ。

音の方向性と精度を追求し、リアルな3Dの音場空間を再現するサウンドシステム「DTS:X Ultra」にも対応しています。

ネットワークを最適にコントロールできるのでオンラインゲームとの相性も良く、妥協を許さないコアゲーマーからの評判も上々です。

Apexで144fpsで遊べるゲーミングPC⑩ASUS ROG Strix GT15

OSHome(64bit), Windows 10
ストレージ512GB
CPUCore i7
CPU速度‎2900 MHz

「ASUS ROG Strix GT15」は、冷却性能を重視しつつ優れたゲームプレイを目指して徹底的に設計されたパソコンです。

高いフレームレートでの滑らかな映像と、日常のマルチタスクに対応する高速な性能を実現しているのがポイント。

一体型の運搬用ハンドルやヘッドホンフックなど、細部まで配慮した設計なので室内での移動にも最適です。

特別なEMIシールドガラスを搭載しており、筐体内部を眺めて強力なコンポーネントが稼働しているのを確認できるので、メカニカルなデザインが好きな人にも向いています

Apex Legendsを144fpsでプレイするメリット・デメリット

ここでは、Apex Legendsを144fpsでプレイするメリット・デメリットを解説します。

一見するとメリットの多い高フレームレートですが、デメリットもある点に注意しましょう。

Apex Legendsを144fpsでプレイするメリット

Apex Legendsを144fpsでプレイするメリットは、下記の通りです。

Apex Legendsを144fpsでプレイするメリット

  • プレイ中の動きが滑らかになる
  • アクションにより俊敏に反応できる
  • チームの競争力や個人のスコアを伸ばせる
  • 目の疲れを軽減できる

高いフレームレートにしておくとゲーム中の急速な動きや細かなディテールの変化を感じ取りやすくなり、滑らかなプレイができるようになります。

瞬発的なコントローラー操作もダイレクトに反映できるので、迅速な反応をしたいときにも最適。

結果、チーム全体の競争力や個人のスコアをあげることができ、結果にこだわりたいプロゲーマーからも高く評価されています。

144fpsの滑らかな動きだと画面がちらつかず安定して見えるため、長時間のゲームプレイや作業中でも目の疲れを軽減できます。

Apex Legendsを144fpsでプレイするデメリット

Apex Legendsを144fpsでプレイするデメリットは、下記の通りです。

Apex Legendsを144fpsでプレイするデメリット

  • パソコンやグラフィックスカードが高額になりやすい
  • 144Hz以上のリフレッシュレートを持つ高品質なモニターが必要
  • 電力消費量が多く電気代がかかる
  • 高度な冷却機能がないとうまく稼働しない

高フレームレートでプレイすると操作の質が向上しますが、その環境を構築するまでに多額の出資が必要です。

パソコン本体やグラフィックボードにお金がかかるので、ある程度資金力がある人の方が有利になるかもしれません。

モニターや通信環境にもこだわりだすとキリがなく、気が付いた時には相当な金額をパソコンに費やしていた、というケースも多いです。

また、高いフレームレートを実現するためにはハードウェアが多くの電力を消費するので、電気代が増加する可能性があります。

Apex Legendsを144fps張り付きでプレイしたい人へ

「144fps張り付きプレイ」とは、フレームレートを144fps以下にすることなくプレイすることを意味します。

フレームレートは環境次第で変動する項目なので、スペック次第でゲーム中に変動する可能性があることを知っておきましょう。

下記では、Apex Legendsを144fps張り付きでプレイしたい人に向けた設定方法を解説します。

Apexを144fps張り付きでプレイするためのグラボ性能

Apex Legendsを144fpsで快適に楽しむためには、グラボの選択が最も重要です。

NVIDIAのGeForce RTX 2060以上やAMDのRadeon RX 5600 XT以上が、最低限推奨されるスペックとされているのでチェックしてみましょう。

そのため、RTX 3060 Ti、RTX 3070、またはそれに相当するAMDのGPUを選ぶのが理想です。

実際のApex Legendsはゲームのアップデートや新しいタイトルのリリースもされる可能性があるので、グラボやスペックにも少し余裕を持っておくとよいでしょう。

Apexを144fps張り付きでプレイするときの設定方法

Apexを144fps張り付きでプレイしたいときは、下記の設定コマンドを参考にしてみましょう。

Apexを144fps張り付きでプレイするときの設定方法

画面モードフルスクリーン
縦横比16:9(ネイティブ)
解像度1920 × 1080(ネイティブ)
視界90
色覚特性モードオフ
垂直同期無効
解像度適応の目標FPS0
アンチエイリアスなし
テクスチャストリーミング割り当て
テクスチャフィルタリングバイリニア
アンビエントオクルージョン品質無効
サンシャドウ範囲
サンシャドウディテール
スポットシャドウディテール無効
空間光無効
ダイナミックスポットシャドウ無効
モデルディテール
エフェクトディテール
衝撃マーク無効
ラグドール

特に注意したいのは「アンビエントオクルージョン品質」です。

「アンビエントオクルージョン品質」は影をどの程度くっきり描写するかを示す項目であり、「高」に設定すると明暗がしっかり、「低」に設定すると明暗が薄めになります。

あまり高い設定にしてしまうとfpsに影響しやすく、かつ影のなかの動きが見えづらくなるので注意しましょう。

144fpsで遊ぶことを第一にするのであれば、「アンビエントオクルージョン品質」は無効にしておくのがおすすめです。

「アンチエイリアス」は、「なし」でも「TSAA」でもfpsの差はほとんど出ません

迷ったときは無難に「TSAA」にするなど、対策しましょう。

どうしても144fpsに届かない場合、ゲームの解像度を下げる手段があります。

その場合画質やスムーズな映像描写に影響が出てしまいますが、1280×720程度までであればストレスなくプレイできるかもしれません。

モニターのネイティブ解像度より下げると見づらくなりますが、その分fpsが改善することが多いです。

Apex Legendsで144fpsで遊べるゲーミングPCに関するよくある質問

最後に、Apex Legendsを144fpsで遊べるゲーミングPCに関する「よくある質問」を紹介します。

理想的なプレイ環境を整えるためにも、目を通してみましょう。

Apexを144hzでプレイする際の設定方法は?

Apexを144hzでプレイする際の設定方法として、ゲーム以外の設定を変更する方法があります。

Apexを144fps張り付きでプレイするときの設定方法

  • 電源オプションを高パフォーマンスに切り替える
  • システムの詳細設定をパフォーマンス優先にする
  • Origin In-Gameを無効にする
  • フレームレート上限を無制限にする

パソコン自体の設定を変えることでスムーズに稼働させる方法なので、参考にしてみましょう。

「Apexを144fps張り付きでプレイするときの設定方法」では、ゲーム側の設定についても解説しています。

Apexで144fpsしか出ないときの対処法は?

Apexだけに限らず、ゲームはアップデートを重ねていくにつれて全体が重くなっていくことが多いので、それに伴って「144fpsしか出ない」ということが起こります。

Windowsの電源設定(またはNvidiaコントロールパネルの3Dグラフィック設定)が、省電力モードになっていないか確認しましょう

パフォーマンス最大化を優先することで解決することが多いです。

その分消費電力が多くなるので、電気代や冷却機能の充実に配慮しましょう。

Apexのfpsはいくつが最適?

Apexを快適にプレイするのであれば、最低でも100fps以上が必要です。

さらにスコアやパフォーマンスを重視したいのであれば、144fps以上がおすすめと言われています。

144fpsをひとつの基準にしておけば、自分のスキル向上だけに集中できそうです。

まとめ:Apex Legendsで144fpsで遊べるゲーミングPCおすすめ10選【張り付きでプレイ】

本記事ではApex Legendsで144fpsで遊べるおすすめのゲーミングPCやApex Legendsを144fpsでプレイするメリット・デメリットについてご紹介しました。

改めてApexで144fpsで遊べるゲーミングPCおすすめ10選を確認しておきましょう。

Apexで144fpsで遊べるゲーミングPCおすすめ10選

本記事を参考にゲーミングPCを選び、最高のApex Legendsライフをお楽しみください!

Apex Legendsのノートパソコンおすすめ10選【選び方や注意点もご紹介】

Apex Legendsをもっと快適にプレイしたい!Apex LegendsのおすすめのノートパソコンやゲーミングノートPCの選び方を知りたい! 今回はこんな疑問を解決していきます。 昨今eスポーツ ...

続きを見る

ゲーミングPCにおすすめのグラフィックボード12選【コスパ重視】

ゲーミングPCにおすすめのグラフィックボードを知りたい!コスパ重視の安いグラフィックボードはあるかな? 今回はこんな悩みにお答えします。 グラフィックボードは、質はもちろんコスパも重要です。 とはいえ ...

続きを見る

当メディアに掲載されているゲーミングデバイス・ガジェットの情報が古くなっている、間違っている場合は、その事実を確認できる情報と共にお問い合せフォームよりお気軽にご連絡ください。当サイト編集部が修正対応致します。
また当メディアの情報は必ずしも正確性・合法性・安全性を保証するものではありません。各デバイス・ガジェットの最新の料金や商品の詳細等については、各ECサイト・販売店・メーカーよりご確認ください。詳しくは免責事項をお読みになった上で利用していただくようよろしくお願い致します。
  • この記事を書いた人
ゲーミングデバイス+編集部

ゲーミングデバイス+編集部

当サイト「ゲーミングデバイス+」の編集者。マウスやキーボード、イヤホンやモニター、ヘッドセットやコントローラーを始めとしたゲーミングデバイスを集めるのが趣味。好きなゲーミングデバイスメーカーはLogicoolとRazerとBenQ。好きなPCゲームはApex LegendsとVALORANT。最近はLogicool G913 LIGHTSPEED(タクタイル)を購入。趣味でゲーマー向けのWebサービスやモバイルアプリを開発している。eスポーツ関連のスタートアップ企業の役員。

-Apex Legends, ゲーミングPC
-

Copyright © ゲーミングデバイス+ All Rights Reserved.