モニター 原神

原神におすすめのゲーミングモニター7選【安いモニターも】

更新日 :

原神をもっと快適にプレイしたい!原神のおすすめのゲーミングモニターやゲーミングモニターの選び方を知りたい!

今回はこんな疑問を解決していきます。

昨今eスポーツ業界で人気がある原神ですが、原神を快適にプレイするためにはどのようなゲーミングモニターを選べば良いのでしょうか?

そこで本記事では原神のゲーミングモニターの選び方や原神のおすすめゲーミングモニターについてご紹介していきます。
※各デバイスの最新の料金や商品の詳細については、各ECサイト・販売店・メーカーよりご確認ください。 ※当記事はゲーミングデバイス集めやApex Legends・VALORANTなどのFPSゲームのプレイ、マウスやキーボード等のガジェットの情報収集を趣味としている私が、私の経験・体験を元に執筆・編集・監修をしております。私の経歴や私の略歴は記事下部の著者情報をご確認ください。

原神のゲーミングモニターの選び方

ここでおすすめの原神のゲーミングモニターを選ぶ方法についてご紹介します。

原神向けのゲーミングモニターを選ぶ際は、次の5つのポイントを意識してみましょう。

原神のゲーミングモニターの選び方

  • 画面サイズで選ぶ
  • リフレッシュレートが高い
  • 応答速度が速い(短い)
  • 解像度が高い
  • 液晶パネルの種類で選ぶ

一つずつ解説していきます。

1. 画面サイズで選ぶ

原神のようなオープンワールドのゲームを楽しむなら、大きいサイズのモニターがおすすめです。

ゲーミングモニターにはコンパクトなモデルから、大型サイズのモニターまで豊富なサイズがあります。

メーカーによってモニターサイズは多少異なりますが、平均的なモニターサイズは以下の通りです。

21インチ幅46.41×高さ26.14㎝
24インチ幅53.04×高さ29.87㎝
27インチ幅59.66×高さ33.60㎝
30インチ幅66.29×高さ37.34㎝
32インチ幅70.71×高さ39.83㎝
34インチ幅75.13×高さ42.32㎝

大きいサイズのモニターは細かいキャラクターの描写まで見やすく、ゲームへの没入感を高めてくれるでしょう。

しかし、机の広さや設置スペースによっては、24インチ程度のモニターが適しているケースもあります。

原神向けのゲーミングモニターを選ぶなら、普段の遊び方や設置環境に合わせたサイズを選んで見ましょう。

2. リフレッシュレートが高い

「144Hz」や「240Hz」など、ゲーミングモニターにはリフレッシュレートと呼ばれる描写性能があります。

リフレッシュレートが高いモニターは1秒間に描写できるコマ数が多いため、キャラクターの動きが滑らかになります。

原神は最大60fps(60コマ)の出力が可能なので、ゲーミングモニターを選ぶ際は60Hz以上を選ぶとよいでしょう。

原神にも、戦闘シーンなどキャラクターが激しく動くタイミングがありますが、モニターが144Hzであっても60fps以上は出力できません。

リフレッシュレートが高くなるとその分価格も高くなりますが、FPSゲームなどほかのゲームもプレイするなら、144Hz以上を選ぶのもおすすめです。

3. 応答速度が速い(短い)

ゲーミングモニターが表示される時間には、リフレッシュレートとは別に応答速度があります。

応答速度は画面の表示が切り替わる時間を指し、速ければ速いほどゴーストやブレを感じにくくなります

原神はアクション性の高いゲームのため、できる限り速い応答速度のゲーミングモニターを選ぶのがおすすめです。

具体的には1ms(ミリ秒)以下の超高速応答ができるモニターだと、画面が移り変わったタイミングでもゴーストが出ずに快適にプレイできるでしょう。

高リフレッシュレートのモニターを選ぶと、応答速度も速いモデルが多いので、グラフィックの綺麗さを重視するならどちらもチェックしてみてください。

4. 解像度が高い

原神の美麗なグラフィックを楽しむなら、モニターの解像度も重要なポイントです。

一般的なゲーミングモニターはFHDのモデルが多いですが、より美しい描写を楽しむならWQHDや4Kなど高解像度のモニターを選ぶとよいでしょう。

解像度は数値が高ければ高いほど、画面上の文字やグラフィックが鮮明に表示されるため、没入感の高いプレイが可能になります。

ゲーミングモニターの解像度をまとめると、以下の通りです。

HD1280×720
WXGA++1600×900
フルHD1920×1080
WQHD2560×1440
4K3840×2160
8K7680×4320

高解像度なモニターは綺麗な映像体験が得られる分、価格も高くなります。

また、解像度はPCスペックによっても描写力が異なるため、PCスペックなどに合わせつつできる限り高解像度のモニターを選ぶのがおすすめです。

5. 液晶パネルの種類で選ぶ

原神向けのゲーミングモニターを選ぶ最後のポイントは、採用されている液晶パネルの種類で選ぶことです。

ゲーミングモニターの液晶パネルには種類があり、それぞれ下記のような特徴が異なります。

IPSパネル・どの角度から見ても映像が綺麗
・価格が高め
・応答速度が遅め
TNパネル・価格が安い
・高リフレッシュレートかつ応答速度が速いモデルが多い
・FPSや格闘ゲームなどアクション向き
VAパネル・黒の描写が綺麗
・応答速度は遅め
・映画など動画鑑賞向き

原神に向いている液晶パネルは、グラフィックが綺麗な「IPSパネル」がおすすめです。

アクション性の高いゲームではありますが、高リフレッシュレートでなくても問題ないため、原神との相性はよいでしょう。

しかし、原神のキレある戦闘シーンを楽しみたい、ほかにもFPSゲームをプレイするようであれば、価格が安く応答速度も速いTNパネルがおすすめです。

液晶パネルについてあまりこだわりはない方は、美麗グラフィックが楽しめるIPSパネルを選んでみてはいかがでしょうか

原神におすすめのゲーミングモニターの比較表

続いては原神におすすめのゲーミングモニターの比較表をご紹介します。

原神におすすめのゲーミングモニターの比較表

商品名IODATA 23.8インチ GigaCrystaBenQ ZOWIE XL2411KAcer Nitro 23.8インチ IPSBenQ MOBIUZ EX2510SDell G2422HS 23.8インチASUS TUF Gaming
VG249Q1A-J
Acer Nitro QG271Ebmiix
商品画像
価格(税込)29,800円30,000円24,747円38,153円29,800円30,400円19,800円
Amazon評価(4.5/5.0)(4.6/5.0)(4.3/5.0)(4.6/5.0)(4.3/5.0)(4.5/5.0)(4.4/5.0)
メーカーIODATABenQAcerBenQDellASUSAce
画面サイズ23.8インチ24インチ23.8インチ24.5インチ23.8インチ23.8インチ27インチ
解像度フルHDフルHDフルHSフルHDフルHDフルHDフルHD
パネル種類ADSパネルTNパネルIPSパネルIPSパネルIPSパネルIPSパネルIPSパネル
リフレッシュ
レート
165Hz144Hz180Hz165Hz165Hz165Hz100Hz
応答速度1ms1ms0.5ms1ms1ms1ms1ms
接続端子DisplayPort×1
HDMI×3
HDMI1.4
HDMI2.0
DP1.2
HDMI 2.0×2
DisplayPort v1.2×1
HDMI 2.0×2
DP 1.2
HDMI 2.0x2
DP 1.2x1
HDMI x 2
DisplayPort x 1
HDMI 1.4×2
ミニD-Sub15ピン×1
購入サイト

原神におすすめのゲーミングモニターの各商品の詳細は次の章をご覧ください。

原神におすすめのゲーミングモニター7選【安いモニターも】

ここからは編集部おすすめの原神におすすめのゲーミングモニターを7製品ご紹介します。

原神におすすめのゲーミングモニター7選【安いモニターも】

それでは順番に解説していきます。

原神におすすめのゲーミングモニター①IODATA 23.8インチ FHD 1080p GigaCrysta 165Hz

I-O DATAの「GigaCrysta」は高いスペックと安価なコスパの高いゲーミングモニターです。

リフレッシュレート165Hz、応答速度は1msと速く、原神のアクションもしっかりキレよく再現されます。

ゲーミングモニターでは珍しく、どの角度から見ても綺麗に映るADSパネルが採用されているため、スペックも画質も、価格もどれもこだわりたい方におすすめです。

メーカーIODATA
モニターサイズ23.8インチ
解像度フルHD
パネルの種類ADSパネル
リフレッシュレート165Hz
応答速度1ms
接続端子DisplayPort×1、HDMI×3

原神におすすめのゲーミングモニター②BenQ ZOWIE XL2411K

多くのFPSプレイヤーに愛用されている「ZOWIE XL2411K」は、原神向けゲーミングモニターでもあります。

描写能力が高く、リフレッシュレートは144Hz、応答速度は1ms、DyAc機能の搭載など、安価で高スペックなモニターを求めている方にぴったりといえるでしょう。

さらに暗い部分が見えやすくなるBlack eQualizer機能もあり、夜間戦闘も綺麗に再現できます。

メーカーBenQ
モニターサイズ24インチ
解像度フルHD
パネルの種類TNパネル
リフレッシュレート144Hz
応答速度1ms
接続端子HDMI1.4 / HDMI2.0 / DP1.2

原神におすすめのゲーミングモニター③Acer Nitro 23.8インチ IPS フルHD 180Hz

原神以外のゲームもプレイするという方におすすめなのが「Acer Nitro 23.8インチ」です。

リフレッシュレート180Hz、応答速度0.5msと超高速で、フリッカーレス機能が搭載されているため、画面のちらつきがありません

高リフレッシュレートかつ描写力の高いIPSパネルを採用しているモニターですが、安いので原神向けに性能の良いモデルが欲しい方におすすめです。

すでにゲーミングモニターを使用している方でも、コンパクトなサイズなので、原神用のサブモニターとしてもおすすめです。
メーカーAcer
モニターサイズ23.8インチ
解像度フルHS
パネルの種類IPSパネル
リフレッシュレート180Hz
応答速度0.5ms
接続端子HDMI 2.0×2、DisplayPort v1.2×1

原神におすすめのゲーミングモニター④BenQ MOBIUZ EX2510S

HDR機能でコントラストがはっきりした原神の映像が楽しめるモニターが「BenQ MOBIUZ EX2510S」です。

フリッカーレスやブルーライト軽減機能など、長時間プレイにも優しい機能が搭載されています。

メーカーBenQ
モニターサイズ24.5インチ
解像度フルHD
パネルの種類IPSパネル
リフレッシュレート165Hz
応答速度1ms
接続端子HDMI 2.0×2/DP 1.2

原神におすすめのゲーミングモニター⑤Dell G2422HS 23.8インチ

ビジネスモニターのパイオニアでもあるDellが販売している「Dell G2422HS 」は、ゲームによってグラフィック設定が変更できる原神向きのゲーミングモニターです。

原神向きなら、暗い部分の視認性が高まる「RPG」にすると、臨場感あふれるムービーが楽しめるでしょう。

メーカーDell
モニターサイズ23.8インチ
解像度フルHD
パネルの種類IPSパネル
リフレッシュレート165Hz
応答速度1ms
接続端子HDMI 2.0x2,DP 1.2x1

原神におすすめのゲーミングモニター⑥ASUS 165Hz 23.8インチTUF Gaming VG249Q1A-J

「TUF Gaming VG249Q1A-J」は、リフレッシュレート165Hzと応答速度1msとなめらかな描写とともに、原神向きな機能が搭載されているゲーミングモニターです。

ASUS独自のELMBテクノロジーでスミアやモーションブラーを取り除いてくれるため、スペックが足りていないPCでも綺麗な画質で原神がプレイできるでしょう。

メーカーASUS
モニターサイズ23.8インチ
解像度フルHD
パネルの種類IPSパネル
リフレッシュレート165Hz
応答速度1ms
接続端子HDMI x 2,DisplayPort x 1

原神におすすめのゲーミングモニター⑦Acer Nitro QG271Ebmiix 27インチ

安さを重視してパソコンを選びたい方は、2万円未満で購入できる「 Nitro QG271Ebmiix」がおすすめです。

安いといってもリフレッシュレートは100Hz、応答速度1ms、IPSパネル、27インチと、原神に欲しい機能はすべて網羅されています。

まずは快適に原神がプレイできるゲーミングモニターが欲しいという方にもおすすめです。
メーカーAce
モニターサイズ27インチ
解像度フルHD
パネルの種類IPSパネル
リフレッシュレート100Hz
応答速度1ms
接続端子HDMI 1.4×2、ミニD-Sub15ピン×1

原神のおすすめのモニター設定

ここで、原神におすすめのモニター設定を確認してみましょう

モニター設定は、PCスペックによっても異なるため、ここではハイスペックとロースペック2つのパターンをご紹介します。

ハイスペック向け

ハイスペックPCなら、グラフィック設定を高くしても、快適に原神の美しいグラフィックが楽しめるでしょう。

原神のおすすめのモニター設定【ハイスペック向け】

フレームレート60
垂直同期OFF
レンダリング精度1.5
シャドウ品質
視覚効果
SFX品質
シーン細部
アンチエイリアスSMAA
ボリュームフォグON
反射ON
モーションブラー非常に高い
BloomON
人群の密度
マルチプレイ時、チームメイトのSFXON
サブサーフェス・スキャタリング
異方性サンプリング1x

もし、すべての設定を「高」にして動作が重くなるようなら、次の4つの項目を調整してみてください。

調整項目

  • レンダリング精度
  • シャドウ品質
  • ボリュームフォグ
  • モーションブラー

レンダリング精度は、どこまで細かく描写処理をするのかの設定で、高くすればするほど、GPUへの負荷がかかります

また、モーションブラーは躍動感ある映像が楽しめますが、負荷が高く、キャラが見えにくくなるためオフにしてもいいでしょう。

ロースペック向け

原神が起動する最低スペックでプレイしている場合は、以下のモニター設定がおすすめです。

原神のおすすめのモニター設定【ロースペック向け】

フレームレート60
垂直同期OFF
レンダリング精度1
シャドウ品質最低
視覚効果最低
SFX品質最低
シーン細部最低
アンチエイリアスOFF
ボリュームフォグOFF
反射OFF
モーションブラーOFF
BloomON
人群の密度
マルチプレイ時、チームメイトのSFX一部ブロック
サブサーフェス・スキャタリングOFF
異方性サンプリング1x

原神は綺麗なグラフィックが特徴のゲームですが、スペックが低いと動作が重くなってしまうため、上記のように最低限の設定にしておくのがおすすめです。

上記の設定でも動作が重い場合は、画質設定を下げたり、レンダリング精度を0.6〜0.8程度まで落としたりすると改善されるかもしれません。

ただし、画質設定を最低にすると、フレームレートが30となり、快適に原神がプレイできなくなってしまうでしょう。

ロースペックの場合は、動作を確認しつつ徐々に設定を下げ、フレームレートは60を維持できるようにしてみてください。

また、スマホをゲーミングモニターに接続して原神をプレイする場合も、ロースペックと同等の設定にするとサクサク動かせるようになります。

原神向けのゲーミングモニターに関するよくある質問

最後に原神向けのゲーミングモニターに関するよくある質問を3つご紹介します。

PCのスペックなどに合わせて、快適に原神がプレイできるゲーミングモニターを見つけてみてください。

原神向けのモニターのおすすめサイズは?

原神向けのゲーミングモニターにおすすめのサイズは、デスクの大きさなど環境によって異なります。

美しい世界観に入り込んで原神をプレイするなら、30インチ以上の大きなモニターがおすすめです。

モニターサイズが30インチを超えると机いっぱいに映像が感じられるため、その分没入感が高まります。

23〜24インチなどコンパクトなサイズでもモニターとの距離によっては、小ささを感じずに快適にプレイできるのでモニターアームなどを活用してみてくださいね。

また、マルチディスプレイ環境の方でメインモニターで配信している場合、原神の設定をボーダーレスモードにしてからサブモニターで起動しないと、別モニターを選択時に最小化されてしまうので注意しましょう。

原神向けのモニターでは何Hz以上必要?

モニターにはリフレッシュレートと呼ばれる1秒間に何コマ表示できるかを表す単位があります。

リフレッシュレートは「Hz(ヘルツ)」で記載されていて、FPSゲームのような場面展開が激しいゲームは144Hz以上のモニターが良いとされています。

原神が出力できる最大フレームレートは60fpsまでなので、ゲーミングモニターも60Hzあれば問題ありません

しかし、今後原神の最大フレームレートが高くなる可能性やほかのゲームもプレイするのであれば、144Hz以上のモニターを選んでおくのがおすすめです。

ゲーミングモニターのなかでも144Hzは多くのメーカーが発売しているため、安価なモデルもあります。

絶対に安いモニターがいいという場合を除き、コスパの良い原神向きゲーミングモニターを選ぶなら144Hz以上表示できるモデルを選んでみるとよいでしょう。

原神は4Kのモニターでプレイできる?

結論からいうと、原神は4Kのモニターでプレイできます。

4KでプレイするにはハイスペックなPC、ゲーミングモニターが必要になりますが、投資した分プレイ中の没入感は抜群でしょう。

原神を4Kでプレイするなら、次の3つのモニターがおすすめです。

原神におすすめの4Kモニター

上記のモニターはどれも4K表示が可能で、とにかく原神を綺麗な画質でプレイしたい方におすすめです。

原神が対応している最大解像度は4Kのため、超ハイスペックな8Kモニターを導入しても4K以上にはなりません。

4Kプレイ時は画質設定によって、最低32fpsまでフレームレートが下がってしまうケースがあるので、カクつきが気になる方は設定にも注意しましょう。

また、PS5で原神を4Kプレイする場合は、本体の解像度設定を上げてからプレイしないと、うまく反映されないので忘れないようにしてくださいね。

まとめ:原神におすすめのゲーミングモニター7選【安いモニターも】

本記事では原神のゲーミングモニターの選び方や原神のおすすめゲーミングモニターについてご紹介しました。

改めて原神におすすめのゲーミングモニター7選を確認しておきましょう。

原神におすすめのゲーミングモニター7選【安いモニターも】

原神のゲーミングモニターの選び方は以下の通り。

原神のゲーミングモニターの選び方

  • 画面サイズで選ぶ
  • リフレッシュレートが高い
  • 応答速度が速い(短い)
  • 解像度が高い
  • 液晶パネルの種類で選ぶ

本記事を参考にゲーミングモニターを選び、最高の原神ライフをお楽しみください!

165Hzのゲーミングモニターおすすめ12選【安い商品もご紹介】

PCゲームを楽しむために165Hzのゲーミングモニターが欲しい!安い商品はあるかな? 今回はこんな疑問を解決していきます。 165Hzのゲーミングモニターは、滑らかな動きと素早い反応速度が特徴で、快適 ...

続きを見る

FPS向けの湾曲モニターおすすめ7選【プロも使用】

プロが使用するFPSにおすすめの湾曲モニターや選び方を知りたい!FPSで湾曲モニターを使用するメリット・デメリットはあるかな? 今回はこんな疑問を解決していきます。 湾曲モニターは画面がユーザーの顔周 ...

続きを見る

当メディアに掲載されているゲーミングデバイス・ガジェットの情報が古くなっている、間違っている場合は、その事実を確認できる情報と共にお問い合せフォームよりお気軽にご連絡ください。当サイト編集部が修正対応致します。
また当メディアの情報は必ずしも正確性・合法性・安全性を保証するものではありません。各デバイス・ガジェットの最新の料金や商品の詳細等については、各ECサイト・販売店・メーカーよりご確認ください。詳しくは免責事項をお読みになった上で利用していただくようよろしくお願い致します。
  • この記事を書いた人
ゲーミングデバイス+編集部

ゲーミングデバイス+編集部

当サイト「ゲーミングデバイス+」の編集者。マウスやキーボード、イヤホンやモニター、ヘッドセットやコントローラーを始めとしたゲーミングデバイスを集めるのが趣味。好きなゲーミングデバイスメーカーはLogicoolとRazerとBenQ。好きなPCゲームはApex LegendsとVALORANT。最近はLogicool G913 LIGHTSPEED(タクタイル)を購入。趣味でゲーマー向けのWebサービスやモバイルアプリを開発している。eスポーツ関連のスタートアップ企業の役員。

-モニター, 原神
-

Copyright © ゲーミングデバイス+ All Rights Reserved.