PS5

PS4の中古はやめたほうがいい?【注意点やデメリットを解説】

更新日 :

PS4の中古はやめたほうがいい?注意点やデメリットを解説!

本記事ではこんな悩みを解決します。

PS4はゲーム機器のなかでも高額なため、良い状態の製品を安く手に入れたい方も少なくないでしょう。

しかし、安いからといって中古のPS4を購入すると、逆にコストがかかってしまったり、故障のリスクがあったりするかもしれません。

そこで本記事では、PS4の中古はやめたほうがいいのか、PS4を中古で買うときの注意点や中古のPS4のお得な買い方についてご紹介します。

PS5を安く買う方法7選【どこで買うのがお得?激安サイトはある?】

PS5を安く買う方法を知りたい!どこで買うのがお得?激安サイトはある? 今回はこんな悩みにお答えします。 家庭用ゲーム機のPS5は、国内トップレベルを誇る大人気ハードです。 とはいえ、PS5は家庭用ゲ ...

続きを見る

※各デバイスの最新の料金や商品の詳細については、各ECサイト・販売店・メーカーよりご確認ください。 ※当記事はゲーミングデバイス集めやApex Legends・VALORANTなどのFPSゲームのプレイ、マウスやキーボード等のガジェットの情報収集を趣味としている私が、私の経験・体験を元に執筆・編集・監修をしております。私の経歴や私の略歴は記事下部の著者情報をご確認ください。

PS4の中古はやめたほうがいい?

結論からお伝えすると、中古のPS4を購入するのはなるべく避けたほうがよいでしょう。

中古のゲームハードは新品と比べて明らかに安くなっていることが多く、コストパフォーマンスを考えて中古を希望してしまうのはよくあることです。

ただし全ての中古PS4が良い状態にあるとは限りません。

なかには目に見えない部分で不良が起きているPS4があったり、購入直後は普通に稼働できてもしばらくすると壊れて長く使えなかったりするPS4があったりするので注意が必要です。

なるべく新品のPS4を購入するよう意識し、どうしても中古にするときは価格よりも安心・安全面を重視するよう心がけましょう。

PS4の中古はやめたほうがいい理由

ここでは、中古のPS4はやめたほうがいい理由を解説します。

中古で販売されているPS4は多数あるのに、なぜ新品をおすすめするのか理由をチェックしてみましょう。

PS4の中古はやめたほうがいい理由

  • 本体故障のリスクがある
  • メーカー保証を受けられない
  • 付属品が欠品している可能性がある
  • 本体がBANされていてネット接続できない可能性がある
  • どんな使われ方をしたか分からない
  • 本体が分解されている可能性がある

それでは順番に解説していきます。

理由1. 本体故障のリスクがある

中古品に関するトラブルで特に多いのが、本体故障や動作不良に関するものです。

大手リサイクルショップ等で完璧な動作確認がされている中古品であればまだしも、なかには動作確認しないまま販売している品があるので注意しましょう。

特にフリマアプリなど個人間取引の場合、「動作確認済み」という記載をどの程度信じてよいものかも怪しいものです。

本当は動作確認していないのに「動作確認済み」としていたり、電源だけがつく状態を「動作確認済み」としていたりするケースもあります。

実際に起動して確かめることもできず、ファンやモーター音の異常や変な臭いに気づくこともできません。

せっかくお金を払って購入したのに本体故障・動作不良があるとゲームができず、「安物買いの銭失い」状態になってしまいます。

安心・安全に使えるPS4がほしいのであれば、新品に勝るものはありません。

理由2. メーカー保証を受けられない

PS4にはメーカー保証が付帯していますが、対象となる期間は新品購入時から1年間と限定されているので注意しましょう。

新品購入から1年以上が経過している中古品の場合、当然ながらメーカー保証を受けることはできません。

そもそも何年前に購入した商品かも明確にわからないことが多く、購入してからメーカー保証の対象外だと気づくことも多いです。

もし購入から1年以内に出品されている中古品であっても、保証書や購入時のレシートまで付属している商品は非常に稀なので、保証を受けられず残念な思いをする可能性があります。

リサイクルショップやECサイト独自の保証が提供されていることもありますが、メーカー保証ではない点にも要注意。

メーカー独自で開発しているパーツの交換が必要、など高度な修理対応になったときは対応しきれないことがあります。

理由3. 付属品が欠品している可能性がある

中古品の場合、付属品が欠けている場合があります。

特にコントローラー、HDMIケーブル、替えのアイテムなどが欠けていると、別で購入しなくてなりません。

一見すると非常に安価な中古品であっても、必須となる付属品が欠けていて追加購入が必要になった結果、金額に対して差が出なくなってしまうこともあります。

その他、「箱がなくて収納できない」「コントローラーのスティックがガタついている」「一部のボタンが欠けている」など付属品の不備がある可能性も考えておきましょう。

中古のPS4を購入するときは、価格に見合った付属品がきちんと揃っているか確認しておくことが必須です。

万が一のことを考えて返金・返品ポリシーを確認しておくなど、品質保持に関するリテラシーを強化しておきましょう。

理由4. 本体がBANされていてネット接続できない可能性がある

PS4の使い方次第では、ユーザーアカウントではなくPS4本体そのものがBANされているケースがあるので注意しましょう。

BANとは「アクセス禁止」を意味しており、インターネットやオンラインサービスで利用される用語です。

例えば、オンラインゲームでのBANの場合、そのプレイヤーはゲームへのアクセスが制限され、ゲームのオンライン機能を利用できなくなります。

同様に、ウェブサイトでのBANの場合、特定のIPアドレスやアカウントがそのサイトにアクセスできなくなるので注意しましょう。

PS4本体がBANされるとPlayStation Network(PSN)にアクセスできず、ゲームできません。

なお、PS4がBANされる原因は、PlayStation Network(PSN)規約への違反・不正コンテンツの利用・不正な支払手段の利用・他のプレイヤーに対する深刻な嫌がらせ行為などがあります。

利用規約を守り正当に使用すれば避けられることですが、前の持ち主がどんな使い方をしていたかわからず、購入後にBANの事実が発覚することもあるので注意が必要です。

理由5. どんな使われ方をしたか分からない

前の持ち主がどんな使い方をしていたか分からないのは、大きな不安材料です。

雑な扱い方をしていたり、本来想定されているゲームプレイ以外に使っていたりすることも考えられます。

何十時間もぶっ通しでプレイするなど酷使された形跡があれば、PS4本体の寿命も縮まります。

また、中古品の場合は必ずしも前の持ち主が新品で購入しているとは限らず、複数人の手を渡り歩いて今に至っている可能性も高いです。

「前の持ち主がどんな人だったかわからない」「中古品に対してなんとなく信頼が置けない」という場合、無理に中古品を買う必要はありません。

多少値が張っても新品のPS4を購入し、安心・安全にプレイするのもひとつの手段です。

理由6. 本体が分解されている可能性がある

PS4本体が過去に分解されていた場合、メーカーが想定していない動作不良やトラブルが発生する恐れがあります。

分解の履歴は見た目だけで判断するのが難しく、とりあえず最初の動作確認だけクリアしてしまえばリサイクルショップの店員でも気づけない可能性が高いです。

一部のパーツだけ抜き取られていたり、熱暴走・異常音・発火の原因につながるかもしれません。

もし新品購入から1年以内で購入時のレシートや保証書が完璧に付属している中古品であっても、メーカー許諾を受けていない自家分解されてしまったPS4は保証の対象外となる点にも要注意。

修理に出せないだけでなく事故になる可能性もあるので、リスクのひとつとして知っておきましょう。

PS4を中古で買うときの注意点

どうしてもPS4を中古で買いたいときは、以下の点を全てクリアできる商品にしましょう。

ここではPS4を中古で買うときの注意点を解説します。

PS4を中古で買うときの注意点

  • 初期型や2000番台は避けたほうが良い
  • 保証期間を確認する
  • 前の所有者の使用時間を確認する
  • 汚れ、キズ、ホコリを確認する
  • 付属品が揃っているか確認する

それでは順番に解説していきます。

注意点1. 初期型や2000番台は避けたほうが良い

PS4にはリリース時期ごとに型番があり、なるべく初期型や2000番台は避けた方が良いでしょう。

型番をチェックしたいときは、PS4背面の「MODEL」から始まる番号を見るとわかります。

PS4の型番・シリーズ一覧

  • CUH-1000
  • CUH-1100
  • CUH-1200
  • CUH-2000
  • CUH-2100
  • CUH-2200
  • CUH-7000
  • CUH-7100
  • CUH-7200

いずれも17桁の番号で、背面のうちAC電源入力端子反対側、上部縁の周辺に記載されています。

7000番台だけ本体背面のうちシステムポート上に記載されているのでチェックしてみましょう。

初期型や2000番台は旧型なので、その分発売から時間が経っているということでもあります。

稼働時間が長かったり、付属コントローラーの状態が悪かったりする可能性も高いです。

旧型でも新型でもPS4の中古品であれば1,000円から2,000円程度の価格差しかつかないことが多いので、不良品を避けるためにも新型7000番台を優先しましょう。

注意点2. 保証期間を確認する

PS4は新品購入から1年以内であればメーカー保証を受けることができます。

例え中古品であっても、条件さえ満たしていれば保証対象となるので万が一の故障・修理・不具合が発生したときも安心。

とはいえ保証終了までの期間は製品ごとに異なるので、購入前の確認が必須です。

「購入から何年(何か月)経っているか」「保証書や購入時のレシートが付属しているか」をチェックしてみましょう。

また、メーカー保証が切れているまたは使えなさそうな場合、購入先リサイクルショップ等での独自保証がカギとなります。

ゲオやブックオフなど大手リサイクルショップであれば自社独自の保証制度を完備していることが多く、場合によっては有料で保証期間の延長をつけられるかもしれません。

購入したPS4が早々に不具合を起こすことも考え、保証の有無や返金・返品ポリシーについてはしっかり確認しておくことが大切です。

注意点3. 前の所有者の使用時間を確認する

前の所有者がどの程度PS4を使っていたのか、様子や背景がわかる情報があれば積極的に確認しましょう。

フリマアプリ等であれば出品者と直接やり取りができるので、「何年前に購入しましたか?」「毎日どの程度使っていました?」などの確認ができます。

丁寧な出品者であれば全ての質問に細かく回答してくれるので、製品の比較・検討に役立つでしょう。

ただし、全ての出品者が質問に回答してくれるとは限りません。

大手リサイクルショップでは前の持ち主の使い方について細かく確認していないことが多い他、複数人の手を渡り歩いているPS4の場合はどうしても前々回の持ち主に関する情報まで遡ることはできません。

ある程度PS4の状態から予測を立てていくしかありませんが、聞き洩らしている情報がないかチェックしておくだけでもおすすめです。

注意点4. 汚れ、キズ、ホコリを確認する

PS4本体やコントローラーの外観はしっかりチェックし、汚れ・キズ・ホコリの有無で購入可否を決める方法もあります。

特に大きな凹みやキズはPS4の稼働に影響することがある他、前の持ち主が乱暴な使い方をしていた可能性が出てくるため要注意。

長時間の連続使用に伴う冷却ファンの音、ランダムなシステムのクラッシュやオーバーヒートの有無など、見た目ではわからない部分の確認も必要です。

大手リサイクルショップであれば、明らかに目立つキズについては別途注意事項として記載してくれていることがあります。

その分値段も少しだけ安くなっている可能性がありますが、値段だけにつられることなく、動作確認の有無を第一に考えましょう。

注意点5. 付属品が揃っているか確認する

コントローラーやHDMIケーブル、箱、保証書などの付属品を確認します。

その他、USBケーブル、電源コード、モノラルヘッドセットなどのチェックも必須です。

もし付属品がなかった場合、別途購入しなくてはいけないため想像以上の出費になるかもしれません。

同時に、付属品のキズや汚れも確認しておきましょう。

特にコントローラーは激しいプレイスタイルや使用頻度の影響を受けやすい付属品です。

「コントローラーだけ新品にする」などの対策も十分考えられるので、状態によって判断するのがおすすめです。

PS5のコントローラーおすすめ7選【プロコン・背面ボタンあり】

PS5をもっと快適にプレイするためにおすすめのコントローラーを知りたい!背面ボタン付きのコントローラーやプロコンはあるかな? 今回はこんな疑問を解決していきます。 PS5(PlayStation5)の ...

続きを見る

中古のPS4のお得な買い方【どこで買うのがおすすめ?】

ここでは、どうしても中古のPS4を買いたい人に向けて、お得な買い方を紹介します。

金額が安いだけでなく、製品のクオリティや中古品の取り扱いに関する安全なシステムを導入している販売元を優先的に紹介するので参考にしてみましょう。

中古のPS4のお得な買い方【どこで買うのがおすすめ?】

それでは順番に解説していきます。

1. Amazonで買う

Amazonでは新品のPS4だけでなく中古のPS4も販売しています。

リサイクルショップやオンラインビジネス会社の在庫品であることがほとんどで、同じ中古PS4であっても値段のつけ方はさまざま。

商品概要のページには型番やシリアル番号、付属品、状態の良し悪しについて詳しく記載されているのでチェックしてみましょう。

なお、使用期限切れの付属品は最初から同梱されないことが多いです。

Amazonには「Amazon整備済み品」と記載されている中古ゲームハードが多数販売されています。

「Amazon整備済み品」であれば、Amazonの基準に従って完全に機能するよう必要に応じて検査・テスト・整備されているので安心。

商品は工場出荷時の設定に復元され、外観コンディションは「非常に良い」「良い」「可」のいずれかで評価されています。

純正品でない場合でも互換性があり完全に機能するようになっているため、「コントローラーだけ純正品ではない」という商品でも問題ありません。

>> Amazonの公式サイトを確認する

2. 楽天市場で買う

楽天市場でも、Amazonと同じくPS4の新品・中古品いずれも取り扱っています。

「すぐ遊べるセット」としてコントローラーや電源ケーブルなど最低限欠かせない付属品がオールインワンパックになった製品も販売されており、付属品をそろえる自信がない人でも安心。

クリーニング済みの商品であれば見た目の汚れや臭いを気にする必要もなく、快適に遊べます。

また、楽天市場では会員ステータスや時期ごとに異なるポイントプログラム・キャンペーンに合わせてポイントバックが受けられるのがメリットです。

楽天スーパーセール期間中や買い回りキャンペーン中に購入すれば、1,000円から2,500円分程度のポイントがつくことも。

そのままの金額で購入するより圧倒的にお得なので、ポイ活を兼ねて楽天市場で買うことも検討してみましょう。

>> 楽天市場の公式サイトを確認する

3. Yahoo!ショッピングで買う

Yahoo!ショッピングでは、定期的にセールやキャンペーンを実施しているのが特徴です。

初めてアプリから購入する人には最大50%の割引クーポンが付与されるなど、お得なシステムがあるのもメリット。

扱っているPS4中古品も、クリーニング済み・動作確認済み・すぐ遊べる付属品つきの商品が多く、初心者でも安心して購入できます。

また、中古のコントローラーや中古のケーブルなども扱っているので、周辺機材をお得に安く揃えたい人にもおすすめ。

金額の大きな買い物だからこそ送料無料になっていることも多いので、余計なコストをかけることなく購入できるのも嬉しいポイントです。

PayPay残高で購入するなど工夫すればクレジットカードがなくても利用でき、学生の購入先としてもおすすめです。

>> Yahoo!ショッピングの公式サイトを確認する

4. ゲオで買う

ゲオはゲーム・スマホ・家電など電化製品の中古品販売に強みを持つリサイクルショップです。

なかには新品を扱っているゲオ店舗もあるので、新品と中古を比較しながら検討できるのもメリット。

ゲーム機購入と同時のタイミングでのみ加入できる「ゲオゲーム機安心プラス保証」では、通常使用時の自然故障を対象に修理・交換に応じてくれます。

メーカー保証終了日の翌日から適用されるので新品購入から1年以上経過しているときでも使いやすく、ゲーム機の往復の運送費・事務手続き費用を含め、規定範囲内であれば完全無料で対応可能です。

ただし、保証書の紛失や自家分解など想定していない使い方が見られた場合は保証対象外となってしまうので注意しましょう。

5. ブックオフで買う

ブックオフは家電以外も豊富に取り扱っている大手リサイクルショップで、中古のPS4もよく見かけます。

全国各地で多店舗展開しているのでブックオフごとの比較もしやすく、場合によっては思わぬ掘り出しものに出会えるかもしれません。

ソフトやコントローラーも安く販売しているので、同時にチェックしたい人におすすめです。

また、中古ゲーム機本体に初期不良があった場合は返品を受け付けてくれるのもポイント。

返品の送料もブックオフ負担なので金銭的なデメリットがなく、中古品購入から1ヶ月以内での申し出で適用されます。

PS4の中古はやめたほうがいいか迷っている人によくある質問

最後に、PS4の中古はやめたほうがいいか迷っている人から寄せられる「よくある質問」を紹介します。

同時にチェックしたい項目がある人はご参考ください。

PS4のコントローラーの中古はやめたほうがいい?

PS4のコントローラーは、よほどの美品でない限り中古購入は避けた方がよいでしょう。

コントローラーはゲーム中常に握りしめているものなのでプレイスタイルや使用頻度に応じたダメージを受けやすく、スティックやボタンに不良が起きている可能性があります。

手垢や黄ばみもつきやすい上にクリーニングにも限界があり、どうしても使用感が出てしまうのが難点。

PS4本体は中古でもコントローラーは新品にする、などの対策が必要です。

PS5のコントローラーおすすめ7選【プロコン・背面ボタンあり】

PS5をもっと快適にプレイするためにおすすめのコントローラーを知りたい!背面ボタン付きのコントローラーやプロコンはあるかな? 今回はこんな疑問を解決していきます。 PS5(PlayStation5)の ...

続きを見る

PS5対応の非純正のコントローラーおすすめ9選【安い商品もご紹介】
PS5対応の非純正のコントローラーおすすめ9選【安い商品もご紹介】

PS5をもっと快適にプレイするためにおすすめの非純正コントローラーを知りたい!安い非純正のコントローラーはあるかな? 今回はこんな疑問を解決していきます。 PS5(PlayStation5)のコントロ ...

続きを見る

PS4は何年くらいで壊れる?

PS4の寿命は約10年と言われていますが、使用頻度や使い方により異なります。

丁寧に使っていれば10年以上持つ可能性が高いですが、雑な使い方をしていれば10年待たずに故障してしまうかもしれません。

ただ年数だけで判断するのは難しいため、中古品を購入するときはPS4の状態を細かく確認しておきましょう。

PS4の中古の相場や最安値はいくらくらい?

中古のPS4の相場は、1万5,000円から2万5,000円くらいです。

型番が古い、状態が悪いなどの事情があるときは1万円程度で販売されていることもあります。

高額でも3万円を超えるケースはほぼないので、法外に高額な中古品には注意しましょう。

まとめ:PS4の中古はやめたほうがいい?【注意点やデメリットを解説】

本記事では、PS4の中古はやめたほうがいいのか、PS4を中古で買うときの注意点や中古のPS4のお得な買い方についてご紹介しました。

改めてPS4の中古はやめたほうがいい理由を確認しておきましょう。

PS4の中古はやめたほうがいい理由

  • 本体故障のリスクがある
  • メーカー保証を受けられない
  • 付属品が欠品している可能性がある
  • 本体がBANされていてネット接続できない可能性がある
  • どんな使われ方をしたか分からない
  • 本体が分解されている可能性がある

またPS4を中古で買うときの注意点は以下の通り。

PS4を中古で買うときの注意点

  • 初期型や2000番台は避けたほうが良い
  • 保証期間を確認する
  • 前の所有者の使用時間を確認する
  • 汚れ、キズ、ホコリを確認する
  • 付属品が揃っているか確認する

中古のPS4のお得な買い方は下記を抑えておきましょう。

中古のPS4のお得な買い方【どこで買うのがおすすめ?】

本記事を参考にPS4を安く買って、最高のゲームライフをお楽しみください!

PS5を安く買う方法7選【どこで買うのがお得?激安サイトはある?】

PS5を安く買う方法を知りたい!どこで買うのがお得?激安サイトはある? 今回はこんな悩みにお答えします。 家庭用ゲーム機のPS5は、国内トップレベルを誇る大人気ハードです。 とはいえ、PS5は家庭用ゲ ...

続きを見る

PS5の中古は買うべきか?やめたほうがいい?【デメリットを解説】

最安値を狙うならPS5の中古は買うべき?やめたほうがいい?デメリットを知りたい! 本記事ではこんな悩みを解決します。 PS5はゲーム機器のなかでも高額なため、良い状態の製品を安く手に入れたい方も少なく ...

続きを見る

PS4用の安いゲーミングモニター10選【1万円以下の商品も紹介】
PS4用の安いゲーミングモニター10選【1万円以下の商品も紹介】

PS4用の安いゲーミングモニターを知りたい!1万円以下のゲーミングモニターはあるかな? 今回はこんな疑問を解決していきます。 PS4に対応しているゲーミングモニターはメーカーや性能、解像度や応答速度、 ...

続きを見る

当メディアに掲載されているゲーミングデバイス・ガジェットの情報が古くなっている、間違っている場合は、その事実を確認できる情報と共にお問い合せフォームよりお気軽にご連絡ください。当サイト編集部が修正対応致します。
また当メディアの情報は必ずしも正確性・合法性・安全性を保証するものではありません。各デバイス・ガジェットの最新の料金や商品の詳細等については、各ECサイト・販売店・メーカーよりご確認ください。詳しくは免責事項をお読みになった上で利用していただくようよろしくお願い致します。
  • この記事を書いた人
GameLens(ゲームレンズ)編集部

GameLens(ゲームレンズ)編集部

GameLens(ゲームレンズ)の編集者/監修者。マウスやキーボード、イヤホンやモニター、ヘッドセットやコントローラー、ゲーミングPCやノートパソコンを始めとしたゲーミングデバイスを集めるのが趣味。好きなゲーミングデバイスメーカーはLogicoolとRazerとBenQ。好きなPCゲームはApex LegendsとVALORANTとSplatoon。最近はLogicool G913 LIGHTSPEED(タクタイル)を購入。趣味でゲーマー向けのWebサービスやモバイルアプリを開発している。

-PS5
-

Copyright © GameLens(ゲームレンズ) All Rights Reserved.