Home > 会社案内 > 経営ビジョン

経営ビジョン

経営ビジョン

■ 「Mediator Contributions Inside」 → パソコンをはじめとするマルチデバイスを使うお客様の可能性と幸せを全社員で考え創り上げ、お届けしそして、人・物・こと をつなぐ業界NO1感動のMediatorを構築する。

■ 地域と業界のポテンシャルを最大限にするための繋がりや促進をリードする貢献を念頭において、営業を行ないます。

■ 共に働く共感者が増すごとに、確実に全社の利益が、一人にかかるコストの3倍以上に増大し続ける、 完全に人力(共感シナジー)で確立する会社となる。今年は、そのための絶対的な基盤を完成させる。

■(その)成長の結果として経常利益2億円を達成する

パソコンをはじめとするマルチデバイスの可能性と幸せとは

→ 私達を必要とするお客様が一番望むことの実現を共に考え続けること
 (例:①集客支援 ②イニシャルコストの低減 ③業務の効率化等)

→ お客様の目的に沿ったデバイスは何か、そしてそれがどんなコンテンツと組み合わせた提案が最適かを考え続けること

→ 人と人との関係性=つながりを「1+1=3」の視点で考える組み合わせによる可能性の拡大の接点は、TIデバイスにヒントがある

→ 幅広いサービスメニューを揃え、それをベースにニーズの度合いと幅に適応できるイノベーション体質を確立する

供給から共有の時代へ

 マーケティング1.0マーケティング2.0マーケティング3.0
製品中心の
マーケティング
消費者志向の
マーケティング
価値主導の
マーケティング
目的製品を販売すること消費者を満足させ、
つなぎとめること
世界をよりよい場所に
すること
可能にした力産業革命情報技術ニューウェーブの技術
市場に対する
企業の見方
物質的ニーズを持つ
マス消費者
マインドとハートを持つより
洗練された消費者
マインドとハートと精神を
持つ全人的存在
主なマーケティング・
コンセプト
製品開発差別化価値
企業のマーケティング・
ガイドライン
製品の説明企業と製品のポジショニング企業のミッション、ビジョン、価値
価値提案機能的価値機能的・感情的価値機能的・感情的・精神的価値
消費者との交流1対多数の取引1対1の関係多数対多数の協働

「コトラーのマーケティング3.0ソーシャル・メディア時代の新法則」より抜粋

戦略:直営店舗のエコシステムモデル確立