Home > 総合案内 > 情報セキュリティー基本方針

情報セキュリティー基本方針

株式会社メディエイターは社会に貢献し続ける会社として、パソコンを使うすべてのお客様の幸せを全社員で考え創り上げ、お届けするとともに、業界No.1信頼のMediatorを構築する未来へとつなげていくことを目指しています。その中で、当社のサービスをご利用いただくお客様ならびにお取引先から信頼され安心してご利用いただくと同時に、社会全体との長期的な信頼関係を構築するために相応しい情報セキュリティの水準を総合的、体系的かつ継続的に確保してまいります。 当社は、情報セキュリティに関して適切な情報の管理を実践するために、以下の通り情報セキュリティに関する行動指針を定め、セキュリティ事件・事故の防止を図り、継続的な情報セキュリティ対策を推進して行くことを宣言いたします。

情報セキュリティ基本方針

  1. 【 方向性 ・ 行動指針 】
  2. 個人情報、紙文書・電子データやハードウェア・ソフトウェア及びサービスなどを当社が保護すべき情報資産とし、それらについて高い機密性・完全性・可用性の確保・維持を行っていくものとします。またパソコン・OA機器などの、データ消去、再セットアップを施してお客様へお届けするサービスを中核とするすべてのビジネスサービスの性質上、情報資産の機密性に対しては特に重視して対策を行うものとします。一連の情報セキュリティ対策の規範となるものとしてISO/IEC27001:2005を適用し、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)として活動を推進します。そのことにより、当社が保有する情報資産をあらゆる脅威から守り、機密性、完全性、可用性を確保するために適切な管理策を講じます。
  3. 【 適用範囲 】
  4. 適用範囲は、「 適用範囲定義書 」にて定めるものとします。
  5. 【 管理者の任命と活動の推進 】
  6. 情報セキュリティを維持するために、情報セキュリティ推進責任者と推進事務局を設置し、必要な業務部門にはISMSを適切に運用するための組織体制を整備します。
  7. 【 従業員の義務 】
  8. 役員、社員および当社の情報資産を取り扱うすべての者は、情報セキュリティの重要性を認識し、本情報セキュリティ基本方針および関連する社内規程を順守して、業務を遂行します。
  9. 【 法令の遵守 】
  10. 役員、社員および当社の情報資産を取り扱うすべての者は情報資産に関連する法令および規制や契約、並びに社内規定を遵守します。
  11. 【 情報セキュリティ教育 】
  12. 情報セキュリティに関する教育活動は、役員等経営者の支持のもと、情報セキュリティ推進事務局で推進を図るものとします。役員及び従業員(正社員、協力会社、契約社員、パート、アルバイト)は、情報セキュリティの教育及び訓練に参加することを義務付けます。
  • 2011年7月1日
  • 株式会社メディエイター
  • 代表取締役 黒木 英隆